2019年01月19日

続々と求人情報が届いております

登録している求人サイトから多数の案件が来ております。

一応登録しているジャンルとしては、軽運送業・不動産関連・コンサルティング・経理/事務と幅を持たせ、神奈川県限定で。
経理/事務というのはご愛敬ですが、さすがにこのジャンルは露骨に女性中心の求人で簿記とパソコンは必須ですね。未経験の中高年男性はお呼びでないのですが、逆にこの分野で中途採用される中高年男性というのはどんなキャリアなのだろうと、ちょっと興味が湧いたりします。

紹介されてくる案件の中には何故か勤務先が都内だったり20代・30代限定だったり、何のための事前の条件登録なんだよ!とツッコミたくもなりますが、一応すべての内容には目を通してみると今まで気にもしていなかった会社や職種に面白そうなものを発見したりする。もしかしてこれまで食わず嫌いにより閉ざされていた自分の才能が開花するかもしれない気にさせる(笑)


まあ軽運送業の案件については大体条件相場がわかるので、それほど新鮮な情報はない。相変わらず「月収60万70万も可能」みたいなコピーが踊っておりますが、確かにMAXでその金額に届くのは可能だとは思いますが、この働き方でそれを達成するには月400時間くらいはやりなさいよ!ということ。それを毎月続けられますか?過労死レベルですよ。しかも業務委託ですからよほど強要された労働でなければ今のところ労働法の適用は難しい。

しかし別ブログでちょこっと触れてますけど、今後は業務委託でもこういう長時間に及ぶ労働にメスが入るらしいので、「やるだけ稼げる」ということが出来なくなる。当然求人広告もキャッチコピーが変わってくるでしょう。「月収30万40万も可能」なんて、魅力あります?MAXで可能な金額が会社員と大差ないならますますドライバーやる人いなくなっちゃいますよ。会社員同様に1日8時間だけの配送収入で経費引いたら・・・(悲) 
ドライバーやるなら何らかの生活防衛策が必要です。


不動産関連の求人コピーもドライバーと似たところはある。不動産は歩合制が多く、高額収入を謳っている求人も数多い。私みたいな者でも実際に何度も月収100万以上貰っていたことがあるので、求人広告はウソではない。が、やはりそれが毎月のことのように思うのは危険です。月収100万を超えることもあれば月収0円ということもあるような世界です。

不動産関連が軽運送業の働き方と大きく違うのは労働対価の部分。
私の経験感覚から言うと、不動産は稼げる時ほど労働時間が短かったりする。ゾーンに入るとお客様が勝手に来る感じ。ただ物件を紹介して現地を見せて即契約なんてことも珍しくないので、労働時間としては半日もかからないことも。それ1件の歩合がドライバーの月収ぐらいにはなってしまう。月に3〜4件契約取れば月収100万超えになってしまう(会社によります)。
ただし何百時間働こうが一ヵ月契約が取れなければフルコミッションなら月収0円。3か月も契約取れない人はクビになるか生活できなくなって辞めていく。天国と地獄が同居するお仕事です。


コンサルティング系はいわゆる「士業」の世界。専門職の極みというか、独立して活躍しているイメージが強い。
士業を目指して勉強中の方がどこかの先生の下に入って経験を積むような求人パターンが多いと思われます。
世の中の会社の数だけ仕事があると言われている世界で、最近は個人が法人化することが増えており税理・会計・監査の需要が見込めるということで、求人数が目立ってきています。ブログ冒頭で述べた中高年男性が関われそうな数少ない事務系の求人です。ただいくら人手不足とは言っても未経験でパソコンも得意でなければ事務系の仕事に採用されないのは容易に想像できる。


いろいろな求人を見ていても、やはり運転免許を持っていれば出来るドライバーという仕事はハードルが低いのだなと思います。ハードルが低い仕事が条件が良いわけないのですが、その環境を変える発想と行動力があれば居心地は良くなることは可能。その可能性もないような仕事環境であればやる必要はない。そんな環境で一生を過ごすのは何のための人生なのか?

自分の可能性を見つめ直すためにも、働き方・求人の情報は幅広く見ておいた方が良いと思います。





posted by ガラダマ at 07:49| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

成人式を迎えた方への贈る言葉

今日は全国で成人式が行われるということで、これから社会に飛び出す若者にエールを送りたい。

最近の報道を見る限りでは、あまり成人式に良いイメージがない方も多いのでは?
一部の精神的に未成熟な若者によるトラブルが毎年繰り広げられ、成人早々に逮捕とかあまりにも自分の人生を粗末にしすぎている。これまでは未成年・親の保護下で甘やかされていたが、これからは行動の結果が自分にはね返ってくることがまだわかっていないのだろう。逮捕されて事の重大さに気付き反省しその後に活かしてくれるならまだ救われるかも知れないが、経歴にハクが付いたと勘違いし、更に変な方向に行かないことを願うばかりである。


幸い自分の成人式(もう40年近く前になる^^;)の時には、ツッパリ君は何人かいたが式では騒いだり暴れたりするようなことはなかった。昔のヤンキーの方が節度があった? 式の後に何してたかは知りませんが・・・

最近の若者は成人式ということにはあまり興味がないそうですね。浪人・無職・フリーターの状況を知られたくないとか。
20歳というとちょうど学生・社会人・進路未定と様々な立場が混載する時期。高校まではほぼ横一線で進んで来た者が初めて自分の意思で進路を決めていく過程において、格差(?)を意識しだすということか。

まだ進路も決まらないのに既に大学進学している者や、社会人として経験を積み始めている者に会うのが辛い。 というのは心情的にはわかる。
まだ自分をコントロール出来るほど成熟していないので、ちょっとした優劣で自分を卑下してしまうのでしょう。他人の冷たい目線に晒されている(勝手にそう思い込んでいる)のが耐えられないという感情は、左遷・リストラされた中高年と相通ずる部分があるかも。

40代ぐらいのクラス会なんかも格差を感じる場所かも知れませんね。社会人として円熟期を迎える頃で、多くがそこそこ昇進している年代。周囲が課長部長になっていく世代で、40代で肩書きもなく趣味もない人にとってはあまり足を運びたくない集まりでしょうか。


50代になってから高校時代のクラス会が頻繁に行われるようになってきました。同級生には大企業の役員クラスに昇りつめている人もいるが、面白いのは脱サラして独立自営している者が増えてきていること。警察官辞めた人には驚きましたが、パン屋を開業したり医療サービスを開業したりと、会社員という働き方に疑問・違和感を覚え、もっと地域密着で自分のやりたい事をやり始めている傾向が顕著になっている。もう誰が何していても気にしない。そんな小さな事はどうでもよく、自分の人生に向き合い始めたのだなぁと感じてます。


大学出て就職して結婚して・・・ という当たり前のようなコースが誰にでも当てはまるとは思わなくても良い。人それぞれ向き不向きがありますし、無理してそこに迎合しようとするから精神を病んでしまう。我々の世代は時代にも恵まれ何とか当たり前のコースを歩めてきたが、ここにきて各人に向いた生き方を始めたということ。もし現代社会に自分が成人式を迎えていたなら果たしてどうなっていたか・・・


未来からの応援メッセージとしては、自分のやりたい事・なりたい姿をなるべく早く見つけてそこにフォーカスした生き方をした方が良い と。そこに集中し自信を持っていれば、他人との比較など気にならない。



私は当たり前コースを進んだためだいぶ遠回りしてしまいました。
ようやく自分のやりたい事なりたい姿がハッキリしてきましたので、最近は楽しくて仕方がない。もっと早くに当たり前を疑い行動していたら成功者にはなれなくても素敵な人生になっていたと断言できる。同級生もいろいろな経験を積んだ結果が気付きとなり50代での行動となっているが、おそらく今の私の心境と同じなのでしょう。


「NO.1にならなくてもいい、もともと特別なOnly one」という素敵な歌詞がありますが、まさにそれでいい。一生に一度しかない成人式ですけど、自分の将来がハッキリ見えていれば現在はただの通過点。「ちょっと息抜きに来ましたぁ」ぐらいに人物観察する機会としておけばよい。他人と比べるのは立場や収入ではない。他人の目標に向けての進捗状況や本気度を見て、参考にするところがあれば吸収してくればいいのです。イキがって騒いでいる者達は論外ですが、ただ大学に行っている者やサラリーマンになった者より意義のある生き方を構築すればよいのであって、数年の遅れなどはすぐに取り返せます。

まだ人生は動きだしたばかり。選択肢は数多くあることに感謝して成人の日を楽しんでください。






posted by ガラダマ at 12:21| Comment(0) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

読書こそ我が活力の源

長〜い年末年始休みでしたが、遠出もせず引きこもって読書に明け暮れておりました。

やはりまとまった時間は読書には必要ですね。普段はどうしても区切り区切りで読んでいくので、盛り上がりも中途半端になる時がある。ちょっと興味を惹く本はどんどん購入してしまうので、どんどん読んでいくためにも時間が欲しい。

このブログと長くお付き合い頂いている読者様はもうご存知でしょうけど、私の年間の読書量はドライバー職をされている方の中では相当多いのではないかと思います。

以前、会社員時代に都内に通勤していた時は片道1時間以上が読書の時間に使えました。しかし軽運送業を始めるとまぁ運転仕事ですからなかなか日中は本を読む機会がない。荷降ろし待ちとかがあるトラックドライバーと違って、軽ドライバーは常にちょこまかしていますから。特に私の場合は複業を回転させるために途中休憩は基本的に取らず、かなり効率的に行動するため、読書の時間は夜中が多くなる(たまに日中ファミレスで本読んでる時もありますが)。

しかし夜中の読書は疲れた体には厳しいですね。
特に寝床で読もうものなら、気付いたら電気点けっ放しで朝を迎えているとか・・・
やはり時間を気にせず本を読みたいです。


今年の正月休みはこんな本を読んでました。

20190106_030236.jpg 20190106_025923.jpg 

ジャンル・新書・中古は気にしませんが、最近は短時間で読めるマンガ系のビジネス書が多いかな。
書籍にかけるお金は月に5000円前後。それを多いとみるか少ないとみるか。ちなみに会社員時代の半分以下です。

タバコ代にしたら約10箱分。煙に消えるか知識として残るかの違いは大きい。しかもそれが毎月の積み重ねとなってゆく。書籍代は完全に自己への投資ですから惜しくない。ブログを続ける事が出来ているのも、ドライバーの世界を客観的に観察出来ているのも、読書という習慣のおかげだと思っています。


先人の知恵・経験等を真似ることで無駄な遠回りをせずに済むことは多々ある。たった数百円数千円でその価値を得られるのだから、活用しない手はない。松下幸之助や本田宗一郎が残した名言・格言は時代を超えて活かせることが凄い。

志を立てるのに、老いも若きもない。
そして志あるところ、
老いも若きも道は必ず開けるのである。

とにかく、考えてみることである。
工夫してみることである。
そして、やってみることである。
失敗すればやり直せばいい。

失敗することを恐れるよりも、
真剣でないことを恐れたい。

学ぶ心さえあれば、
万物すべてこれ我が師である。

伸びる時には必ず抵抗がある。

会社の為に働くな。
自分が犠牲になるつもりで勤めたり、
物を作ったりする人間がいるはずない。
だから、会社の為などと言わず、
自分の為に働け。

需要がそこにあるのではない。
我々が需要を作り出すのだ。
                ・・・etc


特に最後の言葉、「我々が需要を作り出すのだ」に感銘。
「近未来的軽ドライバー」とか、「女子高生とのコラボ」とか、還暦前にとち狂ったか?と思われそうですが、こういう格言が私の中に脈々と受け継がれているのは、私のブログの節々に見てとれる。「働き方は自分で創る」とかね。

偉人達の残した教訓は信用できる。実際その教訓をベースにしているおかげか、伸びしろの少ない50代・稼げないと噂の軽運送業でも快適に過ごせている。「成功する近道は成功者の真似をしろ」とよく言われるが、なるほどと思ってしまう。ただ真似をするだけでなく、そこに自分らしさを加味していけば、そこに道は開けるのではなかろうか。





posted by ガラダマ at 04:41| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

諸行無常の響あり

本業が一番早く仕事納めをし、一番遅く始業する。

もう私には毎年のこと。今年もまだ本業は休みのまま。複業の方は本日で3日目だというのに・・・

軽運送業にもいろいろな請負先がありいろいろな仕事がある。
どこと繋がるかで収入や労働時間や休日その他諸条件が変わってくるため、同じような配送の仕事をしていてもその満足度・快適度には違いが出てきます。何か一部分だけ見て軽運送業を知った気になってはいけない。

最初から最後までずっと条件が同じであるなら人生設計も立てることが容易になるし、その仕事に生活を捧げることも可能でしょう。
しかし、実際は会社員同様にほぼ相手側に依存している状態なので、相手の都合で条件に変化が現れることもあり、その変化に対応できなければその働き方を継続していくのは難しくなる。


「安定」と揶揄される正社員・会社員ですが、中高年のリストラはもう珍しくもなく、早期退職制度なる柔らかなリストラも盛んになってきている。現代人は何を信じて生きていけばよいのか。

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり。
沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。
おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。
たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。



学生時代、国語や古典で一度は聞いたことがあるフレーズ。
有名な「平家物語」の冒頭の部分ですが、正確な語訳がなくてもそれとなく現代人の心に染みてくる。もう何百年も前から今の時代を生きる人間の姿を予言しているような表現。いや、人間という生き物は今も昔も本質的には何も変わってないよという証明なのか。


働き方に関する記事はよくチェックしておりますが、こんな記事が目に留まりました。

「1社に人生ゆだねる方がハイリスク」
間近に迫る「定年レス時代」あなたはどう生き残る



記事内容は読んでいただければと思いますが、私がこの記事を読んで真っ先に頭に浮かんだのが、諸行無常=平家物語 でした。

良かれと思って進んだ先が「ひとへに風の前の塵に同じ」となる可能性が高まっている時代。転職に躊躇しているのはそんな危険性を感じているからなのでしょうか。しかし良かれと思って現状維持・転職回避もまた「ひとへに風の前の塵に同じ」になる時代。なんか映画「BIRD BOX」の世界ですな。「目を開けたら、最期。」みたいな ^^; じゃあどうすんだよ?とか聞かれても困りますが。


今できること、準備することは
多くの収入ネタ・収入手段を作っておくこと。
一つの仕事・働き方に依存しないこと。
いろいろな収入の組み立て方を考えておくこと。

突然の変化に備えてあらゆるパターンを想定し、こう来たらこうするみたいな囲碁将棋のような戦いと考えればわかりやすい。
面接だっていろいろな回答を用意してるでしょ?

あらゆるサイクルが短くなっている時代、いつまでも制度や条件が続いていくと思ったら大間違い。状況・環境に応じて自分自身を進化させていかないと、もう生きてはいけない社会なのです。


軽運送の仕事は単純であるがゆえ、そこに変化が起きた時に対応できる心身になっているかどうか怪しいもの。朝起きて配達してテレビ見て寝る〜の毎日が、知らず知らずに自分を退化させていることに気付かないと。イチローのように常に準備を怠らない者はいつでもどこへいっても長く活躍することが可能になる。
諸行無常を乗り越えて強く生きていきましょう!







posted by ガラダマ at 14:11| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

しっかり充電してました

年明け2日目の昨日は3日からの仕事(副業)開始に備え外出もせずたっぷり充電しておりました。

私は基本的にテレビを見ませんが(昨年は有馬記念を副業先の駐車場で見たぐらい)、昨年末の紅白は本当はサザンやユーミンが出るのでリアルタイムで見ようと思っていたのですが、ちと調べ物で集中してましたので自宅にいたのに見ておりませんでした。なので今日は昼間からYouTube見まくり。

昨年の紅白はかなり評価が高かったようですが、もう米津・ユーミン・サザンで満足度は相当なものでしたね。やはり普段テレビでお目にかかれない人の生の演奏は、ネットで聞き慣れている人にとっても極上のエンターテイメントですね。

個人的にはユーミンの「やさしさに包まれたなら」は大好きな曲なので、イントロを聞いただけでジーンとこみあげるものがありました。歌詞の中で「目にうつる全てのことは メッセージ」というフレーズは、人が成長する過程においてとても大事にするべきだと思ってます。私達、本当は見えているのに見逃してしまっているメッセージ、これまでたくさんありましたよね?親の愛情とか。自分が親の立場になってようやく気付くみたいな。

aiko さんがユーミンの登場からずっと涙してましたけど、久々に純粋に美しい涙だと思いました。ああいう感情を出せる機会があることは幸せです。音楽や人の持つ魅力・力はやはり素晴らしい。人より上に立ちたいとか出世欲みたいなエゴ・競争に明け暮れる世界に疲れている多くの人々の心に響いたのは当然かも知れません。

サザンの「希望の轍」のイントロも、「これから行くぞー!」みたいな気持ちを奮い立たせます。ユーミンもサザンも新しい年を前にして、なかなか味のある選曲をしてくれましたね。最後の「勝手にシンドバッド」はもう1年を忘れて騒ぎたいという国民の潜在的な欲求のはけ口になって良かったのではないでしょうか。紅白は国民の忘年会みたいな位置付けの方が成功するかもしれませんね。公共放送を意識して杓子定規なイメージのNHKですが、最後はユーミンとサザンの個性の前に助けられたのではないでしょうか。


それにしてもレコード大賞、毎年の不可解な選考にはもう呆れてしまいますね。誰がどう見ても昨年は DA PUMP の「U. S. A. 」でしょ。テレビ見ないオジサンだってそう思いますよ。もうオープンに国民投票で決めたらどうなんですかね。



2020年、東京オリンピックが開催されます。
前回の東京オリンピックの時、私は既にこの世に生を受けておりました。そして奇しくも人生2回目の東京オリンピックと同じ年同じ夏に還暦を迎えます。生の感動を目に焼き付けてみたいという気持ちもある中で、開会式には多くのコメント同様、ぜひこの曲を使って欲しいと思い、貼り付けさせていただきました。曲・歌詞とも世界に向けて日本の底力を見せつけてやれる盛り上げ方が出来ると思っておりますし、渋谷で騒いでいる方々のエネルギーも集約したりしたら壮大なパフォーマンスとなるのではないか?
私も還暦に向けてのMYテーマソングとして自分を鼓舞していきたいと思っております。昨日もこの映像を見て今年に向け充電しておりました。是非見てやってください!

積荷オヤジ 還暦に向けてのテーマ(東京オリンピック推薦曲)





posted by ガラダマ at 02:53| Comment(2) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする