2018年11月25日

効率良く働けば会社員に負けない

横浜エリアでは天候に恵まれた3連休となっておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

すっかり週休3日の本業に慣れてきておりますので、最近は3連休ぐらいでは感動しなくなりました^^;
どうせ年末年始も10連休以上になるかもしれないし。

今週の土曜日には早くも最初の忘年会があります。もう12月に突入してしまうんですね。
平成最後の年末。元号が変わるのがわかっていての最後の年末という初めての状況に加え、来年限定の祭日やらが閣議決定したとかで手帳やカレンダー業界の方は対応が大変なようですが、消費税増税となるとまたそこでひと騒ぎ起きるのでしょう。

こうした国レベルの変化が起きる時には特需というか、恩恵に与る業種もあれば迷惑を被る業種もある。
運送業界はその両方でしょうかね。ただ恩恵を受けるのは会社で迷惑を被るのは末端のドライバーという構図は毎度のこと。
もし運送業に転職してくるなら元号が変わって一息ついたタイミングの方がいいですよ(笑)


大手運送会社でも短時間勤務が可能な求人が増えてきている。
1日の労働時間が非常に長いイメージがついている業界ですから、人手不足を少しでも解消するために背に腹は代えられないということでしょうか。ひと昔前なら最低週5日はやってもらわないとみたいに社員並みな拘束を課していたのがウソのような手のひら返し。

昔みたいに働けば働くほど稼げるわけではなくなってきているので、どちらかというと副業的に取り入れた方が良いとさえ思ったりします。
あくまでも個人的な考えですが、中高年が転職しても余程の特殊なスキルがなければ月収なんて手取りで20万〜25万ぐらいが一般的でしょう。
であれば変な拘束をされずに好きな事好きな仕事を上手く毎日にはめ込んでいければ、収入は30万以上になることは十分可能。それは60歳目前の私が実際に実現していることなので、怪しい情報商材に手を出すよりかは確実・安全!(笑)
ただし週休2日とかは無理ですよ。そこまで甘くない。1日24時間をいかに効率よく使えるかです。

こんな記事がありました。

「通勤時間が長い」ことで、どれだけ損をしているのか

1日24時間を有効に使うための一つの考え方が紹介されていますが、私が転職した理由の一つでもあります。
「そんなこと出来ねーよ」「出来たらとっくにやってるし」という言葉が真っ先に口から出てしまうなら、たぶんこの先も変わることがない人なのだと思います。本気で何かを変えようとしない人ほど理想と現実のギャップで悩み続けることを学びましたから。


独立しても何もかも自分で決めるメリットを活かしきれていない人がまだまだ多いように感じます。
サラリーマン体質というか仕事は場所・時間・給料がセットになっているような考え方で求人を見ている節がある。通勤に関してもムダと考えずに単に時給とかで判断しているなら、それは賢明とは言えないように思います。


軽ドライバーで食っていくなら、そのフットワークを完全に活かすとともに、無駄な時間を極力排除する意識を強く持っていけば、そこに新しい働き方が見えてくる。

自分で考え組み立てた働き方ですから、会社員に比べればストレスは少ないし収入も自分でコントロールできる。そうして試行錯誤していけるなら、下手な転職するよりよっぽど快適な生活を手にすることができる。朝9時起床・通勤5分・手取り30万以上とかが可能になるならやってみる価値は十分にあると思いませんか?
アッ、通勤フェチとか社畜フェチなら話は別ですけど・・・










posted by ガラダマ at 11:30| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

ニッチな複業を考えよう

昨日は珍しい金曜日の祭日でした。
皆様は金曜(祭)〜日曜の3連休と土曜〜月曜(祭)の3連休ではどちらがお好きですか?


金曜日は週で唯一、夜の仕事を入れていない日なのですが、昨日は祭日ということで昼間の配送仕事(本業・副業とも)がなかったこともあり、倉庫の仕分け仕事を逆に昼間にやって小銭を稼いでおりました。

今の私の働き方の気に入っているところは、上記のように臨機応変に収入を調整できるところです。
完全出来高ベースの報酬ですので、土日祭日の配送仕事が無い日はそのままでは収入も発生しません。それを補うのが複業であり、いかに複業を組み込んでいけるかが生活を安定させるかのキモになってくる。

軽運送業が「稼げない」「仕事がない」と愚痴っている人は、軽運送業に依存しすぎて他の収入手段を取り入れていないのではないでしょうか?


前にも書きましたが、私が軽運送業を始めた時は週6稼働でした。
その時でも夜の数時間をスーパーの裏方仕事を副業として取り入れていたのですが、やがて本業の配送は週明けも休みの週5稼働となり、現在では土曜もほぼ無くなり週4稼働となっております。今週は昨日の祭日もあったので火・水・木の3日間しか本業してません。軽運送業に依存して他に何も収入手段を持っていなければ、「稼げねぇ〜」「仕事がねぇ〜」と愚痴っていたかも知れません。

「仕事がねぇ〜」という状態なら何かできる時間があるはず。
そこを工夫せず責任転嫁するなら独立に向いていないということ。

私の場合は段階的に本業の稼働日・稼働時間が下降してきておりますが、そこを補うように複業の中身も変化させ対応してきました。
今は人手不足で中高年の働き口も結構あります。短時間でのアルバイトも沢山ありますから、自分の現在の労働内容を見つめ直して空いた時間をいかに有効活用するかが収入・生活を安定させる一助になるはずです。

別にアルバイトでなくても、せどりやオークション等空き時間を利用して小銭を稼ぐこともできる時代ですから、自分なりの収入の作り方を考えていけば、それがその人の働き方改革になるのだと思います。


「何の仕事をするか」ではなく「どう収入をつくるのか」


これが私の働き方改革のテーマです。

こう考えるようになってから、働くことから肩の荷がおりました。
「どこかに勤めなきゃ」という固定観念から解放され、短時間でできる収入手段をその時その時の状況に合わせて組み込むことで、会社員に負けず劣らずの収入を作ることが可能になる。しかも好きな事ばかりしているわけですから変なストレスもない。休むのも収入も自分でコントロールできるようなこの生活を構築すると、もう2度と会社員に戻る気はなくなります。

他力本願でなく自分の働き方、考えてみませんか?



【登録無料】「得意」を生かして副業しませんか?ココナラ








posted by ガラダマ at 04:05| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

長く働きたいなら

昨日は本業をお休みしてMRI検査をしてきました。

膵臓に腫瘍が発覚して以来、数か月おきに欠かさず検査をしておりますが、腎臓内の石の検査と合わせて隔月でどちらかの精密検査を受けているような状況がここ数年続いております。年間の検査医療費はバカにならない額になりますが、放置して緊急手術のようなことになれば、もっと大変なことになる。

手術費用は保険で何とかなるかもしれませんが、サラリーマンではないので職場復帰までは収入が途絶えるわけですからそちらの方が怖い。開腹手術とかだとガテン系の仕事復帰には下手したら数か月かかるかもしれません。であれば年に数日仕事を休むぐらいのことは自分への先行投資と考えれば納得もいく。

自営業もしくは個人事業主の場合、自主性が無いと体のケアや定期健診が疎かになりがちですが、中高年なら最低でも年に一度は健康診断なり人間ドッグを受けた方が良い、いや絶対受けるべきです。後々後悔しないためにも。腰痛等の慢性的な悩みも、治療せず我慢を続ければ更に悪化していくだけですから、一度専門医にしっかりと診察してもらい改善に向けたアドバイスを受けるべきです。長く働いていきたいならば。

ドライバー職は本当に腰痛持ちが多いですし休もうとしない(休めない?)。それが逆に労働寿命を縮めていることに気付かないと。変に会社への忠誠心を示して無理したところで、働けなくなれば即切られるだけです。頭の悪い経営者は、このご時世でも代わりの人間はいくらでもいると思ってますから、そんな薄情な社長・会社のために我慢していた自分が情けなくなりますよ。


フリーランス的な働き方をしていると、食事時間や職場・仕事内容が不定期になりがちで不規則な生活を強いられることが多く、自覚のないストレスが肉体に蓄積されやすくなる。自律神経が乱れてくれば体調だけでなく集中力の欠如やイライラ・鬱等、ドライバー職にとっては大事故に直結するような状況が形成されてしまう。

会社員のように業務命令に従わざるを得ないのとは違って、「やらない」という選択肢もあるのですが、個人事業主の場合はどうしても弱い立場に置かれがちで無理してでも請け負ってしまうケースが多々ある。委託契約であれば労災保険に加入していない状況もあるでしょうから、事故だ過労死だとなっても労災が適用されないリスクは把握して仕事に臨むべきです。自分の限界を知り、断る勇気を含めて自己管理能力が求められるところです。

会社のためではなく、自分・家族のためを優先に働ける環境を模索することがライフワークバランスに繋がるかと。仕事はいくらでもあるが、貴方や家族は一つしかないのですから。








posted by ガラダマ at 09:58| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

あなたは何を信じますか?

1日パソコンをいじらないと数多くのメールが溜まります。

まあ週に7日働いていると、たまにパソコンを触りたくない日や読書優先にしたり副業の残業に付き合ったりする時もあるし、あまりパソコンやスマホに依存する生活もどうかな?と思ったりする。

溜まったメールは後日に一応タイトルだけでも目は通しますが、半分以上は不要な情報。未読でゴミ箱行きのものも多い。
解除していないメルマガとか勝手に送られてくる迷惑メールの類。皆様はどう対処していますか?
秒速で1億稼ぐ人のメルマガも読んでいたけどすっかり来なくなったのは残念!(笑)


私は割と際どい内容の情報を好む傾向にあり、特に情報商材系の内容が好きみたいです。人の弱さにつけ込んでくるあのテクニックに感心してしまいます。ある意味、商売やる者には必須なスキルではないかと。でも購入したことはありませんが。

怪しく見える情報が全てダメかというと、中にはまともなものもあります。そこの取り捨てを間違えると「騙された」という方向に行ってしまう。最初から敬遠して距離を置くより、時には相手の魂胆やテクニックを勉強する意味でもあえてその情報に触れてみるのも良いかも知れません。それが後々、情報の選択において役立つと思います。


情報商材のパターンって、楽して儲かる的な商材の説明がエンドロール的に延々と続きますよね。そこに購入者・実践者(サクラか?)のコメントを織り交ぜながら、とにかく説明が長い。で肝心の商材の値段はなかなか出てこない。ようやく値段に辿り着くと、通常¥150,000するものが先着○○名に限り特別価格で¥29,800!とかいきなりの値引き。締め切りまで残り○○日とか売り切れまで残り○○個みたいなリアルタイム表示をしているサイトもある。結果が出ない場合は全額返金を謳っているものもある。

で、一端締め切りや売り切れをするのだが、すぐに特別に延長販売をする旨のメールが来たりする。販売に苦戦しているのでしょうか?

これだけの情報社会になると怪しい商材の評判は知れ渡ってしまうのですが、次から次から出てくる新たな商材に惹きつけられてしまうのは現代人が何かにすがりたい弱さがあるからなのでしょう。このビジネスには宗教的な一面が見え隠れします。


本当に楽して稼げる商材ならば、販売後の反響が聞こえてくるはずなんですが、その後の動向・結果についてはプツンと情報が途絶えます。クレームやら金持ちになったという声も聞こえてこない。直接の被害者的コメントが出てこないのは不思議な感じもいたします。実際に購入した者がいないのか、騙された恥ずかしさから口を閉じているのか。まあ最近は商材の価格を小遣い程度にしているのも大騒ぎされないための微妙なテクニックなのでしょうか?さすがに数十万数百万払って結果がでなければ事件になるし。



個人的には有名企業のサプリメントはよくお試し価格で購入したりしてます。製品のサイトでは良いコメントばかり載せていますけど、販売元が信用できそうなので疑心暗鬼ながら効果を人体実験している。薬ではないのでさすがに1か月程度ではハッキリした効果を感じませんけど、病も気からというかサプリを愛用しているということが精神安定剤となり自らの肉体を騙して健康になった気がしているという方も多いのでしょう。


何を信じるかは人それぞれ。信じたこと・モノで満足できれば、例えそれが怪しいと噂されているものでも良しとできる。
むしろ怪しいという噂自体が怪しいのかも知れない。
他人の意見は参考として、自分で試すことが一番。










posted by ガラダマ at 01:47| Comment(0) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

トラックドライバー転職の参考動画

YouTube見てたらトラックドライバーの労働環境・待遇に関する動画が沢山ありましたので、ごく一部ですがまとめてみました。
軽運送業じゃ物足りないと思っている方に参考になるかな?



なぜ?ドライバーが集まらないのか?


物流業界の人材不足について【報道ステーション放送】


トラックドライバーの証言 ーこのままでは物流が止まってしまうー

国の血液<gラック業界 運転手の過酷な現実

運送業でよくある歩合制の実態は?やればやるだけ稼げるの?【トラック雑談】

運送業の8割はブラックだと思う|単価安すぎワロタ【トラック雑談】

上場企業の大型トラックの待遇を暴露します(笑)【月収は?休みは?残業は?】

トラック業界の雇用は改善に向かうのか?

優良会社→ブラックへ【転職大失敗】トラック運転手の末路!! 〜そして再逆転・・・〜



昨日ご紹介した軽運送業とトラック仕事の違いが何となくわかってきたのではないでしょうか。
同じ運送業・ドライバー仕事でも、収入や働き方がなんで大きく違うのか?まあ社員と委託という立場の違いも大きいのですが。
何かの参考になりますかね〜?




■ 黒・緑ナンバー車の保険でお悩みの方へ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ネットで早い!はたらくクルマの法人自動車保険

今や自動車保険はネットでの加入も簡単で身近なものとなって来ました。
ところがトラックやダンプと言った黒ナンバー・緑ナンバーの
「事業用車両の自動車保険」となるとそうは行きません。

事業用となるとネットで保険を検討できる保険会社は限られている上、
加入できる車種も限定されています。

多くの社長さんや事業主さんは自動車保険に加入する事に意外にも
苦労している事実があります。

そこで「はたらくクルマの自動車保険」のご紹介です。
このサイトではネットでの加入が難しいと言われている黒ナンバー・
緑ナンバーと言った事業用の自動車保険を専門にしており、「全国対応」
「手続きカンタン」「保険開始もスピーディ」「最短即日加入も可能」
の全力対応がスゴイです。

引受保険会社も大手損害保険会社で安心ですヨ。


https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TVMY8+17GNXU+3EV2+NTZCJ








posted by ガラダマ at 00:00| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする