2018年09月29日

労働と事故の因果関係

朝晩は「寒い」と感じるような季節になりましたね。
1ヵ月ぐらい前までは暑さにウンザリしていたというのに。


また大きな台風が接近してくるようですが、困ったものです。
トラックや軽自動車が強風でいとも簡単に横転する動画を見ましたけど、台風の中で配達していれば自分が車ごと飛ばされる可能性があるという中で、本当に仕事をしなければならないのだろうか?と考えたりする。

運送会社的には「安全第一」「無理するな」と朝礼なんかでは言っているが、ちょっと荷主から問い合わせがあれば、「今向かっている最中です」みたいな現場に対して無責任極まりない対応をしていたりする。結局は社員より会社第一主義、「安全は二の次、無理して来い!」というのが本音か。
だから事故は無くならない。


ニュースでは毎日のように大型車の事故が報じられているが、大型車はちょっとした事故でも人身・物損のダメージが半端ないため、どうしてもマスコミの扱いは大きくなり、世間の印象は悪くなってしまう。

ところが最近の世間の反応を見ると、事故を起こしたドライバーに対する風当たりより、まず事故が起きた背景が会社の働かせ方に問題があるという前提でのコメントが多いことに気付きましたか?これは数年前のスキーバスの事故あたりから顕著になってきている。

運送業界以外でも労災に関する報道が増えていることも、企業・会社のモラル・コンプライアンスの欠如にようやく皆が気付き出したということか。ただし気付いても保身のためにまだまだ動けずに我慢している人は多いので、いつまでたっても企業・会社は襟を正そうとはしないのか。


深夜まで残業しても、翌日は早朝に出勤してきて作業しているドライバーは実に多い。次の勤務まで一定のインターバルを空けなければいけないという決り事は一体何なのか。この業界には全く浸透していないし守ろうという雰囲気すらない。理不尽な指示に従うしかない働く側にも法の知識が欠けていることも問題だなぁと思う。

速度超過・積載超過・労働時間超過しないと会社が存続できないような働き方が蔓延しているのに、どこからも強く踏み込んで来ない(来れない)のは、運送という仕事がコンプライアンス順守すると成り立たないことを国や業界が熟知しており、取り締まってこの国の物流が大混乱に陥ることを避けたいという闇のセーフティが支配しているからではないか?

そんな労働環境で心身ともに疲労していけば事故を起こす確率は相当高まる。以前は事故は単純にドライバーの責任という片付け方をされていたが、「働き方」が注目される昨今、事故の裏にある要因を皆が考えるようになり、ドライバー個人より会社・企業への責任追及という流れが生まれてきたのだと思う。

人手不足で運転仕事に適しているとは思えない高齢者や未熟な若年ドライバーを起用しての事故が多いのも最近の報道で感じます。
私ももう高齢者側の立場になってきたので、キツイ労働が続けばどういうダメージが体に蓄積するかはよくわかります。なので運転仕事は長時間やらなくても収入を確保できるマルチワークスタイルを取り入れているわけで、もし、ドライバー仕事がとても負担に感じるようになったら、大きな事故を起こす前に違う働き方を模索してみるのもアリかなと。

自分に正直に生きないと、そのツケはどこかで身に降りかかってくるかもしれません。



賢い人ははじめてる。ビジネスマンのための副業サービス【Saleshub(セールスハブ)】







posted by ガラダマ at 09:13| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

本業がヒマなのでこんな本読んでます

先週末に続き、今週末も本業4連休の積荷オヤジです。

なんか週3日しか仕事していない(週休4日制 ^^;)ような生活って素敵ですね(笑)
実際は毎日複業しているおかげで収入に困ることはないのですが、もう完全に軽運送業が本業というスタンスではなくなってきた。

こういう状況って、本業に依存している場合は大変なピンチになるわけですが、だからこそこのブログでは副業・複業を推奨しているわけでして、独立開業した場合のリスクヘッジになるわけです。
月の半分も本業していなくても今月の収入は40万以上にはなる。

Aという収入時間が削られた時、他のBやCという収入で穴埋めできるような働き方を構築していくのがこれからのスタンダードになっていくと思います。
これまでの常識が通用しない社会になりつつある。



最近ヒマなのでこんな本を読んでます。

20180921_191116.jpg


ハードカバーだろうが雑誌だろうがマンガだろうが、あらゆるジャンルから自分の生き方のヒントを吸収することができる。
ネットからの情報収集とは一味違った趣があるのが読書。
そこに投入する金額を惜しまないのは大事な自己投資だから。


「Tarzan」は一見趣味的なジャンル雑誌ですけど、スポーツジムインストラクターという副業をしている私にとっては目を通しておく必要を感じます。
先日も報道されましたが、これまでの腹筋運動のやり方が実は間違っていて、最新の考え方・トレーニング方法が紹介されたりする。

ジムで働く動機となったのは、軽運送業という肉体労働を長続きさせるための体力維持方法を考えた時、マシンがタダで使えてお金も貰えるという夢のような(笑)働き方があったから。
まあ58歳のオヤジがいまだに現役インストラクターとして現場にいられるのも、ちゃんとした下心があればこそ。
おかげでギックリ腰にならなくなりました。


「ホンダ N−VANのすべて」 モーターファン別冊なんて超久しぶりに買いましたよ。初代シェンタの時以来かな?
このブログでも以前にコメントしましたけど、ちょっとこのクルマには惹かれています。
特徴の隅々までレポートされていて、やはり軽ドライバーとしては気になるし、様々な働き方の可能性を模索・追求している私にとって、単に軽運送業の枠に収まらないこのクルマは熟知しておく必要を感じております。


「LIFE SHIFT」はかなり話題になりましたし、書店では目立つ場所に置かれているのでご存知の方も多いでしょう。
結構分厚い本でありちと読むのに時間がかかりそうなので、取り急ぎエッセンスを吸収すべくマンガ版を購入しました。

驚いたことに、これ、私がここ数年、感じ・考え・実践してきたことと同じようなことが書かれていました。
これまでの人生観や働き方の常識が通用しなくなる時代になり、そこにどうアジャストしていくかが問われている。
将来安泰と思われていた一流企業に勤務していた者の突然の挫折や、就活に苦悩している大学生の本質、典型的な仕事依存体質の中高年の悲哀等、誰もが一瞬自分に置き換えることができるような事例をピックアップしていてマンガでわかりやすい。
少し時間ができたらハードカバーも読んでみようと思う。
この書籍は読んでおいて絶対損はないと思います。








posted by ガラダマ at 01:00| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

サービス縮小の可否

朝晩はすっかり涼しくなり、日中もアウトドア仕事をされている方々には有難い気候になりつつありますね。


さてさて、ヤマト運輸の一連の事件から運送業界全般において、いろいろと働き方改革のような動きが活発化しております。

特に日本郵便では、ヤマト運輸の値上げ以降の荷量増加が人手不足に拍車をかけ、「翌日再配達の取りやめ」「不在時の置き配」「土曜日の郵便配達の取りやめ検討」・・・と、矢継ぎ早に対応策を発表してきました。

関連ニュース ↓

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180315-00000071-nnn-bus_all

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00000004-wordleaf-bus_all

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180912-00000007-nnn-bus_all



以前から取り組めることができたであろう今更ながらの上記の対応策も、結局は現場・配達員レベルの目線が軽視され、企業利益・他社とのサービス競争に明け暮れた結果のドタバタ劇という感じがしてならない。



世の中には過剰と思えるサービスが数多くありますが、消費者のニーズというより企業間のサービス競争がヒートアップしたものが多いと感じます。
あれば便利かもしれないが、無くても何とかなるものもある。
百貨店の正月営業とかコンビニ・ファミレスの24時間営業とか。
自分には便利でもその便利の代償に目を向けなければ。

サービスは提供する側の準備が整ってビジネスとして成立するもので、例え需要があっても高い人件費で人員を募って体裁を整えようとしても長続きするわけがない。
無理に採算を合わせようとするからブラックな環境が生まれる。


コンビニもパソコンも携帯電話もない青春時代を送ってきた者からすると、今の世の中は至れり尽くせり過ぎる。
確かに便利ではあるが、苦労した結果で得られる喜びというプロセスが欠如している = すぐに結果が出るというか結果が先にわかってしまう = 情報過多による弊害とでもいいましょうか。

だから転職においても情報が多すぎて先のシミュレーションばかりが脳裏を埋め尽くしてしまうので、動けなくなるパターン。
「やってみなければわからない」「当たって砕けろ」的な思い切りがない人が増えたから、採用する側も何か物足りないと感じるのでしょう。


話がそれましたが、サービスの裏側にある事情を理解することで、過剰・無駄なサービス競争を減らしブラックな環境を無くして適正な賃金を得られるスリムな社会になればいいなと思ったりするのであります。







posted by ガラダマ at 00:39| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

人生は紙一重

まだまだ残暑が続く日本列島。いや、残暑だけでなく豪雨・台風・大地震と試練が続く厳しい夏ですね。

配達仕事の方は幸いにも天候等の大きな影響も受けずに、可もなく不可もなくといった日々が続いております。
そして昨日は金曜日恒例の仕事後の「一人ミーティング」をたっぷりと楽しんで来ました。


mangoo.jpg



肉体疲労と思考力回復には甘いものがいいですな。
60歳間近のオヤジが平日の昼間から一人でこんなもの食べてるなんて・・・ 常識に凝り固まった者たちからの視線が痛いズラ。
実際はこのデザートの前に、カレーライス&スープごはん食べ放題も堪能しております。 う〜ん、なんて素敵な軽運送業ライフ!

世間に見せている怪しい姿は世を忍ぶ仮の姿。
ノマドな働き方と軽運送業をMIXしたライフワーク。
しっかりモチベーションをアゲアゲにして、また次の目標・課題にチャレンジしていきますだ。



さて、先日の台風21号の爪痕は横浜市内でもありました。
ニュースでも映像付きで伝えておりましたのでご存じの方もいらっしゃると思いますが、マンションの工事現場の足場が片側2車線の主要道路を塞ぐように倒壊していた現場。実は私が毎日配送で通る場所なので一目で「あそこだ!」とわかりました。

風が強く車や人通りがすくなかった時で、幸い大事に至らなかったようですが、電線や信号を巻き込んでの倒壊だったのでその後の交通には影響が出たようですが、翌日通った時には何事もなかったように片付けられていたのには感心いたしました。
災害等の復旧に尽くされている方々には頭が下がりますね。
こうした方々のお陰で私達の生活は成り立っている。


災害時にいつも思うのは、その瞬間に自分がどこで何をしているかで生死が左右される「運」みたいなもの。
乗り物の座席位置とか、よく生死の分かれ目になってますし。

軽運送業において、そうした生死の分かれ目に遭遇するようなケースってなんだろう?

今回の足場倒壊のように頭上から鉄パイプみたいなものが落下してくる可能性は実はどこにでもある。ビルの看板とか落石とか。
トンネルの中も嫌な場所だし、海も山も台風・地震時は怖い。
トラックの横転なんか考えるともう公道なんて走れません ^^;

ドライバーの恐怖体験ではスリップが多い。
私も何度か雪やアイスバーンでスリップを経験したことがありますが、自分でコントロールできなくなった走る凶器に乗っている状況は、まさに結果は神のみぞ知る心境になる。

一般的な会社員より仕事中のアクシデントに遭遇する確率が高いようにも感じますが、その確率を下げる工夫も出来なくはない。
台風の最中に配達していたピザ屋の店員がバイクごと転倒している映像がありましたが、「仕事だから」「命令だから」という理由で危険に身をさらす事には疑問を感じる。
指示・命令の結果について会社が責任を取るとは限らない。

一般的な仕事は自衛隊や救助・レスキューのような「救命」の専門的な仕事とは、どこかで線引きをする必要がある。
お客様に叱られても会社や上司に怒られても、命に代えるほどの価値が今の仕事にありますか?

自分にも家族があり生活がある。
それを守れるのも命あってこそ。
時には仕事を断念する勇気・決断力も必要であり、その判断が生死を分ける紙一重の差になる。
会社をクビになろうが命を失うわけにはいかない。


独立してみると、会社という組織の呪縛・拘束から解放され、判断力・決断力が磨かれます。
他人の指示ではなく自分の判断で動く。
責任の所在が自分になるわけですから、他人に何を言われようが強い気持ちと行動力が必要になってきます。

紙一重の人生、勝ち抜いてやりましょう!








posted by ガラダマ at 08:25| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

台風21号はヤバい

夜中はほんのちょっぴり秋の気配も感じたりしますが、日中はまだまだ危険な暑さが続きますね。
少し前までは夏場に倒れるドライバーが結構いたんですけど、今年は私の周りではそういう話を聞きません。さすがに暑すぎて無理せず自己防衛に努めている姿・会社の方針だとしたら、それはガテン系職全体にとって良いことだと思います。


それにしても来週には今年最強の台風が日本に接近してくるようですが、今度は日本列島をほぼ満遍なくダメージを与えていくような嫌な進路予想が出ている。
現在が最大瞬間風速75m〜80mだとか。多少勢力を弱めて来たとしても軽自動車なんて横転させる威力はありそうですよ(^^;)

過去の台風時の配達でも走行中に思いっきりハンドル取られるぐらいの横風とか経験してますから。並行して走っている車に接触とか、対向車にだって衝突してしまう怖さはあります。自分が注意していても相手がぶつかってくる可能性もあるし。

配達仕事で注意したいのが走行時だけではなく、車の乗り降り時や荷物の積み降ろし時のドアやハッチの開閉時。
いきなりドアを持っていかれますから、隣に止まっている車や歩行者にぶつける危険性大。自車の保険の内容は把握していますか?
ダッシュボード上の伝票類や助手席の書類も飛んでいきます。 

また、板状の荷物は風の影響をもろに受けるので要注意です。
私は店舗の販促物パネルを運搬中に、風の煽りで折り曲げてしまったことがあります。幸い納品先が事情を察してくれたからいいようなものの、納品相手や性質の悪い荷主によっては、暴風雨の中の配達であろうが何だろうが破損・濡損したら弁償なんていうケースもある。

もし暴風雨での配達が避けられないのであれば、起きうるトラブルは事前に会社等と相談して責任の所在がどこにあるのかを確認するべし。
ただ「行ってこ〜い!」「わかりましたぁ」なんてノリで仕事して、車や荷物の事故があった場合、会社はドライバーに責任を押し付けてくるのでそれだけは避けなければいけない。
暴風雨の中で悪戦苦闘したあげく弁償責任を負わされたら、何のための仕事だったんだと後悔する羽目になる。


今のところ4日の午後から5日にかけてが近畿〜関東北陸への影響が一番ありそうですが、関東で5日に配達する荷物はおそらく関西方面からの到着は難しいか大きく遅れることが予想できる。
大雪時もそうですが、台風時は高速道路は閉鎖され陸海空の交通網がマヒしますので物流はストップしてしまう。そうなると配送のラスト1マイルで活躍する軽ドライバーさんもお手上げです。

当日の荷量に大きな影響が出るので収入にも影響がでる。
例え関東に台風が来なくても関西方面で打撃を受ければ、離れたエリアでも少なからず影響を受けてしまうんですね。
東日本大震災の時も影響は全国に及びましたから。


たまたま私は副業仕事で「平日で午前中から来れる日ない?」と無茶な要求をされておりますが、台風が来るんだったらいっそのこと軽運送はお休みして、朝から雨風関係ないインドア仕事をしてみるというのも有りかな?なんて思ったりもしている。

暴風雨の中での外仕事のリスクを考えると、そういう選択肢があるというのは有難いことですな。
会社員でいうと、電車止まって出社帰宅に苦労するぐらいなら、有休使って自宅でネット副業やっちゃうという感覚です。
まあこれも一つの働き方改革かもしれませんが、まだまだ日本では柔軟な仕組みや考え方が受け入れられない土壌がある。


そこを打破していこうというのが積荷オヤジさんであり、このブログの本質でもあります。
働き方は与えられるものではなく自分で考え創るもの。
物流が止まっても食っていけるドライバーがいてもいいじゃん!









posted by ガラダマ at 01:03| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする