2018年06月30日

スモールビジネスが面白い

梅雨入りしたのにあまり雨降らないなぁと思っていたら、関東甲信地方は統計開始以来最も早い梅雨明けだと。

前にも言いましたが、梅雨入りとか梅雨明けとか、いちいち宣言しなくてもよいのではなかろうか?
梅雨が早く明けたからといって急に景気が良くなるわけでないし、梅雨明けの発表が明るい気分にさせるというなら、梅雨入りなんて気が滅入りそうな発表を控えればよさそうなものだが。

梅雨入り梅雨明けなんぞより、サッカー日本代表が活躍してくれる方がよっぽど景気に好影響を与えると思わずにはいられん。



何だかんだしているうちにもう今年も半分過ぎてしまった。
6月は本業の土曜日の稼動は1日も無し。
もう土曜日は本業は無いもんだという前提で4月ぐらいから働き方・時間の使い方を変えつつあります。

今年は収入を多少犠牲にしていろいろな活動を密かに実行中。
副業も昨年費やした時間の1割以上カットして、フリータイムを捻出し見聞を広めることに充てています。
昨日の午後は歯医者に行った後、お付き合いのある不動産屋で物件(投資向きor店舗)情報収集&打ち合わせ。そしてドトールにて集中して読書。おおよそドライバー仕事している者とは誰も気付くまい(笑)

先月はこんな本を読んでました。

20180629_211643.jpg


私が軽運送業で独立して丸10年近くになりますが、いろいろと知識が錆び付いてきたり不足していたりするのを痛感します。
一応「なんちゃって社長」という経営者でもあり、弱者は収入を得るためのアンテナは軽運送業という狭いジャンルに限らず24時間360度に向けるべく努力はしておきたい。
無勉強なドライバーはどんどん社会から置いていかれる。


そんな中、私の考え・感じたことと妙に合致した書籍がこれ。



そもそも軽運送業で独立すること自体が1人経営の典型的な姿なわけで、ここから各々どう発展させていくかが問われます。
与えられた仕事にぶら下がって会社員の延長のような雇われ依存型となるか、ガンガン開拓して自ら元請けを目指し雇う側となるか、私のような軽運送業に拘らないマルチワーク型となるか・・・
可能性はいろいろとあるのです。


しかし軽運送業(他の業種でもよいが)で独立を考えた時、多くの方が「雇われ依存型」のイメージでこの仕事を考えてしまうのが転職を躊躇する原因ではないのかと。
過去に実際に相談を受けた方々の中でも「稼げなかったらどうしよう」「ブラックな職場だったらどうしよう」「また次の仕事探すの面倒だな」とか、現在の立場・悩みを引きずってネガティブ思考に陥ってしまう人が多かった。
要は経営者脳に切り替えられないタイプが転職を躊躇する。

私はあまり物事を深く考えすぎないので全然躊躇はしませんでしたが、独立当初はおぼろげに元請けを目指そうという考えでした。
ところが実際に何人かの元請けを観察し、いくつかの運送会社や副業先が求人に苦労する姿を見てきた今となっては、とても人を雇う経営はしない方が良いと思うようになりました。
雇用は質・量とも確保は大変だし、経営を圧迫する。


「雇われない生き方、雇わない生き方」という考えをこの本でも取り上げていましたが、これからの時代、背伸びをせず身の丈にあった働き方をすることが望ましいとされる方々が多いと思われる。
もちろん例外・枠に収まらない突出した方もいらっしゃいますが。


もしこれから独立して何かを始めようと考えているのであれば、この本は一つの考え方・参考になりますので読まれてみてはいかがでしょうか。私はとても共感できました。










posted by ガラダマ at 05:22| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月23日

わらしべ長者

「目指せ、わらしべ長者!」 積荷オヤジです。


先週ブログでも話題としたメルカリのIPO株、19日の上場では予想を大きく上回る初値となりました。
途中、ストップ高となるなど、期待を裏切らない値動きでしたね。
抽選で外れてしまった方は悔しかったでしょうね。

1単元30万円で購入した株が一晩で50万円に。
あまりの呆気なさに、「稼いでいる人ってこういう感じで資産を増やしていくんだろうなぁ」と、サクセスストーリーの一部分を垣間見たような気がいたしました。
日々の労働収入で悪戦苦闘している世界しか知らなければ、人生のスピード感に差が開いていくばかりなのか・・・


軽運送業を始めてから、いろいろと勉強するようになりました。
ドライバーという仕事だけでは可能性が広がらないと感じたから。
いろいろと副業を経験していることも役に立っています。

勉強することによって情報の集め方も効率良くなりますし、情報の利用の仕方も身についてくる。
あとは決断・勇気・行動の3点が伴うかどうか。

不労所得とか投資という世界はサラリーマン時代にはほとんど関心がありませんでしたが、「金持ち父さん貧乏父さん」を読んでからというもの、会社が絶対的存在ではないと思えるようになり、自己防衛手段として強烈に意識しだして今日に至っている。

投資に興味を持ち、微力ながら学んでみると「IPO」という瞬間的に威力を発揮するようなものがあるのを知った。
抽選が立ちはだかることもあるが、結構な確立で利益を出せるのは投資初心者には面白そうだと。
さあそこでだ。数十万円を用立てる勇気があるかどうか。

こういう場面でやらない理由を探して前に進まない人が多い。
負けない確立が6〜7割以上あるのなら、私の気質ならキャッシングしてでも用立てして前へ進んでやる。
やる理由を考え探すのは起業家セミナーで叩き込まれた“脱・サラリーマン根性”であり、軽運送業始めた時も同じようなシチュエーションだったなぁ(笑)車買うのが自分への投資でしたね。負けない確立は8割以上あったし。


今回、もしキャッシングしてメルカリIPO株買った人がいたとしても、30万円用立てして即50万円となり20万円の利益となって帰ってきたので、数日分の利息など鼻くそみたいなもの(利益に対する税金は2割ちょっと取られますが)。
リスク取ってハイリターンとなった好例でしょうね。
投資で稼げる人はリスクを恐れないし勝負勘が鋭い。
勉強と実戦への勇気に裏付けされて勝負勘が磨かれる。



日々マルチワークで小銭かき集めているのも、投資への準備。
小銭がリターンを生み、リターンがリターンを呼んでいく。
徐々にお金に働いてもらうことにシフトしていきたいですな。

泥臭いかったるいやり方ですが、奢らず初心者らしく謙虚に勉強して実践を重ねていけば、いつかは花開く・・・ かな?

ドライバーは世を忍ぶ仮の姿なんです。









posted by ガラダマ at 01:00| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

IPO

昨日、久々に同業の知人(主にスポットで活躍中)と情報交換をしましたが、年々荷量が落ちてきているのでは?という部分で意見が一致いたしました。
企業や店舗ではPOSシステムの普及が進むにつれ、余剰在庫に繋がるような注文が減り「必要な時に必要なだけ」という物流形態が一般化してきた影響が大きいのでは?と推測する。
これまでの発注のムダが運送会社の利益になっていた?

今は時期的なものもあるでしょうけれど・・・ヒマです(笑)


何せ今年に入ってから土曜日稼動したのが5回だけ。
本業は週休3日制のような有様でございます。
平日もほぼ1回戦、14時前には終了いたします。
商業貨物と宅配ではまた全然違うと思いますけど。

で、マルチワークしていても毎日時間的に余裕ができるので、仕事に関係ない事にも関心が向いてしまう・・・
まあそれはそれで大事なことなんですけどね。


本業が終わると帰宅前に必ず立ち寄るのがスーパー。
会社員辞めて詳しくなったのが物価でしょうかね。
毎日スーパー寄っていれば、野菜やら何やら食料品類の値段の変化には敏感になります。新製品の多さにも驚かされます。
今週新発売された話題の“透明なコーラ”も早速飲んでみました。

cola.jpg


感想は・・・

コカ・コーラからワイルドさを抜き去った炭酸飲料というか、中途半端な上品さの味覚というか・・・
個人的には1回飲めばもういいや  という印象です。

以前はペプシ等、飲料系の新製品を見つければ必ず試し飲みをしておりましたが、最近はあまりの新製品の多さについていけません。
試してみたいものはいろいろあるんですけどねぇ〜。


まあ食品程度であればいつでもどこでもどうにでもなるので、心のときめきはさほどではありませんが、今最もドキドキしているのが来週に迫ったメルカリの新規上場。
はたして初値はいくらとなるのか?
同じ気持ちの方々もいらっしゃるのでは?

IPOでの公開価格が3000円(1単元30万円)となりましたが、19日の初値で一体いくらとなるのか?
2年間タバコ止めればあなたもIPO株主に!(笑)
当日はこのニュースで盛り上がるかな?

ちなみにLINEのIPO時は公開価格が3300円で初値形成は4900円。一夜にして資産が約5割増に。
メルカリはそれ以上の初値が期待されているということで公募抽選倍率も35倍以上になったとか。

入金締切日の18日に入金し1単元所有して翌日の初値で4500円となると、即売り抜ければ15万円の稼ぎ。
10単元持っていれば売るだけで日給150万円!(笑)
お金のある人のところにお金は貯まるわけだ

もちろんIPOでも初値が公開価格を下回るというリスクもある。
初値が下がっても後からジワジワ上がって結果的に儲かることも。
そういうリスクを取れるか否か、我慢できるかが金持ち父さんになるために1歩踏み出せるかどうかの試金石なのかな。

単純に「これ買えば翌日には1.5倍に増えまっせ!」という儲け話にしか感じなければただのギャンブル。
そういう情報を胡散臭いと毛嫌いするか、上手く利用するか。


次のワクワクは今秋予定のソフトバンクのIPOでしょうか。
超大型IPOは複数枚当選の可能性がUPするようなので、資金さえあればちょっと楽しめるかも。
自分ではなくお金に働いてもらいましょう!








posted by ガラダマ at 04:14| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

類は友を呼ぶ

広告代理店で20年、不動産・ハウスメーカーで6年、軽運送業で10年働いてきました。いや、まだまだ働きますが・・・

厳密には軽運送業と同時進行でジムのインストラクターが6年目、物流倉庫ももうすぐ6年目に突入しますだ。
こんなに多くの仕事に関われて嬉しいのか悲しいのか。

でもたぶん死ぬ間際に自分の人生を振り返ってみて、結構面白かったなぁと思えるのではないかと。
月収が180万超の経験もしたし、月収ゼロの経験もした。
真面目に会社員やってた時より、毎日のように自宅で昼寝したりしてる今の方が収入が良いとか。


これまで過ごしてきた業界の人隣りにはそれなりの傾向がある。
まず広告業界=マスコミの世界はまあ背伸びしたがる人ばかり。もちろん私も相当背伸びしてましたねぇ(笑)
名刺の肩書きにハッタリかますのは序の口だし、やたら身の回りをブランドで包みまくる。タレントさんや女子アナとすれ違うことも珍しくないので身だしなみには気を遣っていたし、みなファッションにはうるさかった。
今ではそのカケラもありませんが(-。−;)


不動産・ハウスメーカーの世界はもう2重人格者の集まり。
怖〜い裏の顔を持つオオカミさんばかり。もっともそのぐらいギラギラしていないと、この世界では生きていけませんから。
風俗とキャバクラが大好きだけど、お姉ちゃん達には嫌われているのがわかっていないのが悲しいですな。


キャリア唯一の健康業界仕事のインストラクター。
以前にも書きましたが、30人以上いる職場で誰一人と喫煙者がいない稀有な世界ですが、これが本当に心地良い。
そして不平・不満・愚痴・嫌味の類いも誰も発しない。
環境が違うと人間はこうも違うものなのでしょうか?(笑)


一方で健康とは全く正反対の物流・運送業界。特に喫煙率の高さは尋常ではない。
しかも不平・不満・愚痴・嫌味のオンパレード。
自分で選んでその仕事をしているのに、他の仕事を探そうともしないのに、目の前の事象に尽く悪態をついて皆で傷を舐め合っている。
トラックドライバーさん達の会話を聞いていると、オイラも昔はそっち側の生き方をしていたなぁと思ったりする。


不思議と類は友を呼ぶんですなぁ。


職場や人間関係を俯瞰して観察すると、反面教師にするべき事や人が見えてきたりする。
そこにどう距離を置いたり付き合ったりするかで、自分の運気を変えていくことができるのだと思う。









posted by ガラダマ at 06:12| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月02日

N−VAN

軽運送業に従事する者にとって、面白そうなクルマが出てくることになりましたね。

ホンダ N−VAN

今、売れに売れているN−BOXの商用タイプということで、仕事にもプライベートにも使い勝手が期待できそうです。


20180531-20103947-carview-001-1-view.jpg



見た目は他社の軽1BOXとさほど変わりませんが、注目は室内アレンジということになります。
まず助手席側のBピラーを廃し、車体側方にテールゲートのような大開口を作り出したこと。
更にセカンドシートはもちろん、助手席もフルフラットにすることができ、2m超の長尺物が積める。
この2点は商業貨物系のお仕事をされている方々にとって、より有り難味が実感できると思います。


yjimage.jpg


大きな物を奥に積んでしまうと、途中で配達順を変更した時など取り出すのに一苦労することがありますが、サイドに大開口部があると便利。
長尺物に対応できると仕事の幅も広がるし、助手席も荷室として使えると積載効率もUPします。
プライベートならサーフボードや自転車も積載できそうだし、背の高い人でも車内で足伸ばしてごろ寝もできる(笑)

N−VANと名付けているが商用タイプ、乗用タイプがあり、グレードも選択でき、FF、4WD、CVT、6MTが用意され、安全機能のホンダセンシングが標準装備と、他社に勝るとも劣らない内容に期待がもてる。


気になるのは燃費と価格でしょうか。

ベースはN−BOXとなっているようなので、燃費はほとんど同じぐらいかもしれません(商用利用する場合は多少変わるでしょうが)。
価格はN−BOXより1割以上安くなると予想されているようですが、はたしてどうなるでしょうかね。
これだけの内容で、贅沢せず安いグレードで120万ぐらいであれば十分買い替えの対象となるかな。


ただし、個人的に残念な部分が2点。

まずリアの開口部。テールランプがハッチ横に縦配列となっているので荷室の間口がちょっと狭まってしまったこと。これ、あまりコメントや評論されませんが、使い比べると結構積み降ろしの効率に影響する部分です。

そして商用のカラーバリエーションが2色(白・グレー)のみ。
まあ大多数が選択するであろう色でしょうから(委託の車持込条件で白のみとしている大手もあるぐらいですから)、中古車同様割り切りが必要ですかね。
ちょっとこだわりのある個人事業主さんなら、乗用タイプを選択するか自分で塗装してしまえばいいのでしょうが。


私自身、愛車は年内には走行10万kmを超えそうです。
そろそろ不具合やら部品交換とか意識しだす頃ですが、職業上どうしても買い替えが必要になるタイミングが来ます。
久しぶりに興味を持っていたのがN−BOX。そしてN−VANが登場したことで、買い替えのタイミングが早くなる?









posted by ガラダマ at 04:13| Comment(4) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする