2017年09月08日

ドライブレコーダー&レーダー探知機

お盆休み中に娘から言われました。

「運転の仕事しているならドライブレコーダーぐらい装備していた方がいいんじゃない?いい歳なんだし」

最後の一言が余計ではある(好きでいい歳こいてるわけではないズラ)が、まあ父に対する思いやりということで受け止め、以前から気にはしていたドライブレコーダーを急遽検討してみました。

1週間ほどカー用品店を数店物色し、店員にいろいろ質問し、ネットのクチコミやらレビューやらを参照し、アマゾンで購入したのがこれです。

20170831_142944.jpg


ドライブレコーダーはコムテックのHDR−352GH
レーダー探知機もコムテックのZERO 903VS
OBD Uアダプター OBD2ーR2
相互通信ケーブル ZR−13

総額でタバコ代4か月分よりちょっと安いという感じです。


近場で走っているのにこんな装備いらねぇだろ! とツッコミを喰らいそうですが、実はここ数年で軽運送の仕事中に3回ばかり取り締まられておりまして、近場でも侮れません。
なので、レーダー探知機も興味津々導入してみました。


このドライブレコーダーを選んだポイントは、レンズ画角が水平136度、垂直70度、対角168度とかなりワイド。アクシデントが起きた時に映像に収まる情報が多いのは大事。
そして夜間映像もかなり鮮明に映ること。夜間のトラブルでも相手方の車種・ナンバーを明確に記録できる。
日本製・製品3年保証・補償サービス2万円等の充実。

レーダー探知機をコムテックにしたのは、ドライブレコーダーとの相互通信が容易であり、上記アダプター・ケーブルで接続することでシガーソケットを使うことなく電源を供給できる。
そして取締り等の最新データを常に無料ダウンロード更新できるのが、他社に対する優位な部分。


愛車クリッパーがOBDUアダプターに適合していたので、メカニック音痴の私でも車両コネクターに接続するのは簡単、レコーダー・探知機のセッティングも含めて30分足らずで完了です。
取り付けしてみたのがこんな感じ。

20170902_115609.jpg


ドライブレコーダーは運転席右上方、レーダー探知機は運転席右ダッシュボード上。接続ケーブルは右側のピラーに這わせてます。ダッシュボード正面上の取付けステーはナビ用。

最初はドライブレコーダーはバックミラー裏に設置しようと思っておりましたが、軽の1BOX車はフロントガラスの傾斜がキツくバックミラー裏のスペースが窮屈なのと、ボタン操作やmicroSDHCカードの抜き差しを考えるとこの位置が実用的かな。映像の感じも正面寄りの設置と比べてもさほど違和感はない。ただし画角が広いのでダッシュボード上に物があるとフロントガラスへの映り込みを拾ってしまいますね。


ビューワソフトで映像を再生してみるとこんな感じ。

gamen.gif


映像が左上部、右側上部には経路を地図上に、走行速度等のデータは下部に同時に表示され、自分の運転のクセや地点・状況での対応など確認できる。
1つ問題なのは録音ONにしていると、音声も拾ってしまうのでその時に聞いている音楽はもとより、独り言等もバッチリ記録に残るのである。結構運転中に独り言が多いのがわかるが他人に聞かせたくはない(笑)


まだ使い始めて1週間も経っていないし、機能的には私にはオーバースペックなので評価する立場にはありませんが、レーダーを探知すると普段はフルマップにしてナビみたいに使っている画面が突然警告音とともにレコーダーの映像に切り替わり、取締りレーダーの位置を画像上でお知らせしてくれたのには感動しました。

また、冠水エリアなんて情報もお知らせしてくれるようなので、ゲリラ豪雨が多くなってきた昨今、もしかしたら役に立つかもしれませんね。過積載取締りポイントなんていうのも運送業必須情報でしょうか。

予期せぬレーダー探知機購入になりましたが、運転するにあたってこんなに情報が飛び交っているのかと今更ながら驚くのと、ドライブレコーダー&レーダー探知機という“大人のオモチャ”でしばらく楽しめそうでございます。


この1週間何が変わったかって、運転が妙にお行儀良くなりましたよ。
自分の行為が音声と映像で証拠に残るって・・・

こりゃ交通トラブル減少に効果がなきゃウソですぜ!







posted by ガラダマ at 23:58| Comment(0) | こんなものを買ってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする