2015年12月31日

感謝!

今日は1日中仕事を忘れて家族サービスをしておりました。
まさに身内での“忘年会”でした。

思えばこの1年、ほとんど休むことなく仕事が出来たのも家族の協力あってのこと。
例年忙しさに追われる12月なのに、後半は毎日昼頃までノンビリしていたことを家族が心配しておりました(笑)が、計画的犯行(?)だったことには納得してもらいました。
その働き方はいいね! と。
まあ数字的に結果を出せたおかげなんですけど。


全体的に思い通りに運んだ1年だったと思います。
自営業ですから当たり前なのですが、仕事に関してはやはり戦略的に取り組まないと「流され・やらされ」てしまう。
請け負うことの中にも、自分で考え工夫していけば必ず活路は開けてくることがわかってきました。
これができなければ単なる“忙しいだけで大して稼げない仕事”で終わってしまう。

来年もこう上手くいくとは限りませんが、今年の経験は今後の軽運送業スタイルに大きな財産となるはず。
また新たな発見や挑戦をお伝えできるよういろいろと試行錯誤していく所存でございます。

「新しい軽ドライバースタイル」

これまでになかったような魅力的な働き方を確立したいですね。


今年も1年、お付き合いいただきありがとうございました。
新しい年が皆様とともに前向きで良き年でありますように!

人生は会社や仕事のためではなく、アナタの自己表現の場です!
自分らしい働き方を見つけていきましょう!


posted by ガラダマ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

トリプルスリー

昨日で年内の仕事納めとなった方は多かったようですね。
私は年内の仕事が今夜の食品仕分けを残すだけとなりました。
この1年、無事働き通せたことに感謝です。

今年の収入がほぼ確定しましたのでご報告させていただきます。
一体、軽運送業をやってる55歳のオヤジがどれ位稼げるんだ?
まさに皆様が一番興味を持っておられる部分でしょう。
これが知りたくて嫌々我慢してこのブログにお付き合い頂いている方もいらっしゃるのでは?(笑)

副業の最終明細が年明けになりますので、現時点では1000円前後の誤差が生じていると思いますがご了承くださいませ。
参考までに、本業は週4レギュラーの下請けの軽運送業、副業は本業の合間にやっている元請けとしての運送仕事と食品仕分け、ジムのインストラクターの3職の合計となります。


本業  ・・・ ¥2,941,719
副業  ・・・ ¥3,153,011


年収合計・・・ ¥6,094,730



おおお! 副業年収が300万を超えているではないか!
平均月収としては26万円以上に!本業より多いぞ( ̄▽ ̄;)
副業だけで正社員トラックドライバーほどの収入に!

ちなみにこのクソ忙しい繁忙期の12月、本業を半分休んだらどうなるかな?という新たな試みをしてみましたが、結果としては12月の月収はそれでも¥515,000を超えています。やはりこの時期はどの仕事も稼げるはずなのに下請けの運送仕事は時間ばかりかかって労働対価としてはメチャクチャ悪いことが証明できましたね(元請けの運送仕事は効率よくかなり稼ぎました)。

1年の中で一番の繁忙期を毎日午前中を自由に使えるという夢のような過ごし方をしてみましたが、それで月収50万以上取れたわけですから、仕事に振り回されることが収入に結びついているのかどうかをちゃんと分析して、働き方を考えてみるべきではないかと改めて思いました。


タイトルの“トリプルスリー”は今年の流行語にもなりましたが、私が勝手に設定したマルチワークスタイルにおける“トリプルスリー”とは・・・

同一シーズンにおいて、「3つ以上の仕事」を持ち、「本業収入300万以上」「副業収入300万以上」を達成することとしてみました。
本業収入がちょっと届きませんでしたが、これは12月にいっぱい休みましたからねぇ(笑)
普通に本業やってれば楽々クリアしてましたね。惜しぃ〜!


副業だけで年間300万円以上稼げるという可能性を示すことができたのと、繁忙期に労働対価の悪い本業の運送業とは別の仕事で稼ぐという働き方。
この2点を新しい軽運送業スタイルの可能性として、今年このブログから発信できたことを誇りに思います。

何事も行動してみなければ始まらない。

これからも新しい働き方を追求していきますよぉ!
運送業が稼げなくてもドンマイドンマイ!
フォースを信じろ!フォースを使うのじゃ!(笑)

ウジウジしていつまでも動けないでいるなら、積荷オヤジさんはどんどん先に行ってしまいますよぉ!



posted by ガラダマ at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

脱中年フリーター 一つの方法

今年1年を振り返ってみると、暗い話題が多かったように感じます。
テロ問題、相次ぐ著名人の死、非正規社員の拡大・・・

どれも他人事ではない身近な事と思えるのが理由か。
“テロ”や“死”というのは自分の力ではどうにもできませんが、非正規の問題は考え方や取り組み方によっては何とかなりそうな気もする。

「貧困家庭」「老後破産」「下流中年」・・・

今年の流行語とも言える気が滅入るようなワードがいろいろなメディアを賑わせていますが、昨日見つけた記事も現在の日本の病んだ部分を指摘しておりました。
          ↓
「中年フリーター 迫る老後破産」


私の副業先の一つである食品の仕分け現場でも、20代〜50代の多くの男女フリーターが働いています。
私のように本業が別にあって掛け持ちしている者もいれば、このバイト一本だけという者もいる。
上の記事の内容同様に月収としては、このバイト一本に集中(フルタイム)している場合でも15万〜20万ぐらい。

いろいろなフリーターさん達と話す機会があるのですが、20代の人はいつでも違うバイトに移れるという余裕みたいなものを感じますが、30代半ば以上の年代になるとバイトとはいえようやく辿り着いた仕事という悲壮感さえ漂わせ、中高年の職に就く厳しさが伝わってきます。


記事の中で紹介されている方々の場合、フリーター以外の選択肢がないように書かれていますが、月収15万位が上限みたいな世界観に陥っていることが問題のように思います。
皆、私がリストラで放り出された時の年齢より若いのに。

月収15万〜20万より上の世界を諦めてしまっているのが歯痒く感じます。それだったら軽運送業でも稼ぐことは十分可能だし、もっと上の収入も目指せるのに。
雇われること以外の選択肢は想像できないのかなぁ・・・


私が軽運送業を始める時、貯金は使い果たし借金がありました。
そんな中で、50歳目前の妻子持ちが更に借金して車を購入して未知の世界に飛び込み、休日や空き時間を返上してWワークして貪欲に収入を追い求め、月収はすぐに40万以上になりました。お住まいのエリアによっては条件が違ってくるし、誰にでも同じことができるとは思いませんが、中年フリーターの記事を読むと何かもうちょっと出来ることがあるように思えるんですけどねぇ。


“採用されない”“面接にすら呼ばれない”なんていう状況がずっと続けば誰だって将来に希望を持てなくなるのは仕方がないですよね。
私が職無しになる時も「この歳でどうせ採用なんかされないだろうな」と思っていましたから。

ただ幸いにも私の場合はいろいろな可能性を考えるのが好きで、自分を信じることが出来たタイプだった。「どうせどこかの会社に潜り込めたとしてもせいぜい月収20〜25万、それまでの就活期間も考えたらジリ貧確定じゃん。だったらすぐに仕事始められる軽運送業なら確実に収入にはなるし、掛け持ちも出来るだろうから変な会社に勤めるよりかはよっぽど待遇的には上をいける!」と躊躇することなく確信できました。


もし記事のような状況に陥っているフリーターさんがいるのであれば、就職・正社員という選択肢以外にも、どうせ非正規なら独立・個人事業主という働き方もありますよ とお伝えしたい。
新たな働く環境のスタート地点には立てます。
そこからどのように動くのかは貴方が決めることができる。会社員のように働く時間、規則、収入が他人によって決められるのではなく、将来どうなりたいかによって自由に決めていくことができる。その代わりに全てが自己責任になり、もう愚痴も他人のせいにもできなくなりますけど。


年が変わるのは何かを始めるキッカケになるでしょう。
自分が変われなければ何も変わっていきません。
やるだけやってみれば、きっといいことあるさ!


さあ!夜も明けてきた。これから副業の早朝シフトに行ってきます。
一週間休み無く働いてきてようやく迎えた日曜日だというのに早朝から仕事。決して楽ではありません。更に夕方から別の仕事に行きますし。
でも自分で決めたこと。やらされていないのでできる。いや、やる!
やるだけやってるから今の自分に辿り着いている。



posted by ガラダマ at 04:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

近未来的軽ドライバー

今年も残すところあと1週間。やり残したことはありませんか?

例年ですと昨日・今日(クリスマス)など荷量もそうですが、商業施設周辺などは一般車両の駐車場待ち等で大渋滞となり、余計に納品に時間がかかるので運送業者には大きな負担となります。

昨日は副業の配送で横浜市外に出たり新たな納品先で横浜の端っこの方まで走ってきましたが、平日とは言えやはり商業施設周辺は結構混んでいましたね。
「これが本業の配送だったらあの渋滞の中に混じってイライラしてたんだなぁ」と軽く横目で流しながら全くの他人事のように自分の仕事を遂行しておりました。

昨日の夜の食品仕分けにおいては、ドライバーさんが皆疲労困憊顔で物流倉庫に到着してきます。しかもほとんどのトラックが到着予定時刻を大幅に過ぎてから。
ドライバーは揃って「あちこちで混んじゃって混んじゃって、全然仕事がはかどらねぇよ」と愚痴りまくり。
わかるなぁ、その気持ち。だから私は今月は仕事選んでるんです。

中には通常22時前に到着しなければいけない便が昨日は25時過ぎになったりしていました。
到着が遅れれば仕分け作業の開始が遅れ、当然仕分けた品を店舗に配送に行くトラックも出発が遅れるため、準備ができるまで待機するというムダが発生します。
単純に昨夜なんかは寒い中3時間ぐらい現地で待たされるわけですし、かといって店舗到着が遅れたら先方で叱られるわけで、トラックドライバーという仕事も費用対価を考えないと。いいように使われているだけ。

多くは本来私が入っているシフトの仕事なのだが、昨日はトラックの遅れが相次いだため待ちぼうけでこちらの仕事は通常より少ないありさま。
同じ物流に関わる仕事ですが、ドライバー側は休憩も取れずに1日中ヒィヒィイライラしながら仕事しているのに、片や倉庫側は仕方なくプラプラ休憩ばかり。
これで時給換算したら昨日は圧倒的に倉庫仕事側に軍配が。
だからこの時期のドライバー仕事は馬鹿馬鹿しく感じてしまう。
見た目の収入額ではなく、労働対価、働き方の満足度を重要視している理由がこういうところに表れます。


「年賀状は○○日までに投函してね」というお願いに今年は独立して初めて応えることができました(笑)
年賀状をやっつけたので後のイベントは大掃除を残すのみ。
これも昼間時間があるので気持ち的には余裕がある(何事もこの余裕が落とし穴になるのですが^^;)
このクソ忙しい時期のブログの更新頻度が今年の余裕を物語っていると思います(笑)

社会人になって30数年経ちますが、クリスマスウィークをこんなに余裕を持って過ごしているのはもちろん初めてのことです。この経験は病み付きになりそうですが、仕事に振り回されてばかりで収入に反映されていない方々にとっても、何か感じていただけるものがあれば今回試してみた甲斐があったというもの。
どうせ稼げないなら遊んでやるぅ!( ̄▽ ̄;)反社会的行動か?


近未来的軽ドライバー(ぷ)

満足度の高い働き方を追及しております。
軽運送業が憧れの職業になる日も近い?



posted by ガラダマ at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

キラキラしてみよう

昨日は午前中は家族の分も含めた年賀状を作成・印刷し、午後からはジムのインストラクターの仕事しか入れていなかったため、本業仕事納めで運動不足気味の鈍った体にムチ打ってガッツリとマシントレーニングもやってきました。
そして夜は食べ放題の店でゆったりと読書三昧!

以前にも話しましたが私の理想の生活像の一つとして、朝は自然に目覚め、散歩がてら朝食バイキングのある店に行き、朝食と昼食を兼ねながらゆったりと読書を満喫。
午後はジムで汗を流し、ちょっと昼寝(シエスタ)してから夕方から知人等と会食を楽しむ・・・

仕事?収入?

もちろん投資・オーナービジネスによる不労所得!(笑)


昨日は順番・内容がちょっと違ったりしたが理想に向けての疑似体験をしておりました。やはりこれはイイ!
金持ちの真似して“寄付”なんかもしてみたりして。
恵まれ楽しんだ分だけささやかな社会貢献などしてみると、小市民なりに言葉に表せない充実感に浸ることができました。
こんな生活を実現するというモチベーションは大事ですね。


さて、既にご存知かもしれませんが、昨夜はもの凄く共感できた記事がありましたのでご紹介です。

イチロー、スタバでのエピソード披露

イチローが野球少年達に語っていた「キラキラしていることの大切さ」
これは子供だけでなく大人にも言える。
これとは別記事で、「子供の頃は目がキラキラしているのに大人になるとギラギラしてくる」と上手い例えも紹介されていましたが、本当にその通りですね。

純粋に好きなことを見つけて楽しむ!

私達はいつから思いっきり楽しむことができなくなったのだろう。
好きなことを簡単に諦めるようになってしまったのだろう。

楽しもうとすると何かが邪魔をしてくる。薄っぺらいプライドだったり周囲の目が気になったり・・・


冒頭で述べた理想像を思い浮かべているとき、私は目も心もきっとキラキラしている(笑)。
と同時に周囲の冷ややかな視線・嘲笑を感じたりする。
そういうのが嫌でやりたいことを諦めた経験は誰にでもあるのでは?

成功者と呼ばれる方々は、自分の夢を実現するために目をキラキラさせて行動しているし、そのキラキラに惹かれて賛同・協力する者が現れたりする。
“信念”を貫く強い心・行動力がある者は夢に近づける。
あとは地道な準備とチャンスを見つけるアンテナでしょうか。
情報だけ掻き集めて行動に至らない人は前へ進めない。


やりたいことを探して目をキラキラさせる

たったこれだけでも世界観が変わってくるのではないでしょうか。


posted by ガラダマ at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする