2018年07月21日

フェスティバルに行ってきました

今日も暑くて良い天気の横浜。
昨夜予告のイベントに行ってきました。

久々のみなとみらいでしたが、しばらく見ないあいだにマンションの建設ラッシュ!

20180721_123413.jpg


眺望が魅力で購入した方々も、後出しジャンケンのように建つわ建つわで、さぞお怒りでしょうなぁ。
タワーマンションばかり建つような場所買うからさ(笑)


いやぁそれにしても訪れると感情が高ぶる場所ですなぁ。
なんだか無性にデートがしたくなりました(エロ爺)

20180721_155115.jpg 20180721_155634.jpg


テンションアゲアゲで目的のイベント会場に。
私はまだ売上げショボショボの駆け出しステージなので午後からの入場指定となっておりましたが、到着時にはゲート前で500人以上のアフィリエイター達が入場待ちをしておりました。
15分ほどで入場すると早速ゆるキャラのお出迎えです。

20180721_125037_001.jpg 20180721_151714.jpg


以前、広告代理店の仕事をしておりましたので「幕張メッセ」や「東京ビッグサイト」等での会場混雑が懐かしい。
あの10万人規模のイベントに比べればまだ可愛いものです。
会場内の様子をご紹介しようと思いましたが、あまりに他人の顔等がたくさん写りすぎるので画像処理が面倒臭いので省略!(笑)
イメージとしては混雑率120%位の電車内という感じ。


出展企業は110社を超えてましたが、事前に訪問する企業リストを作っておいたおかげでしっかり消化できました。
それでも誘惑に負けて当初予定していなかったブースで「脱毛体験」やら「頭皮診断」など楽しんでやってきました。
今は右腕だけツルツルになってます( ̄▽ ̄;)ちと恥ずかしいぞ
あっ、頭はまだツルツルではありません。


とにかく販促物やらサンプル品とかやたらくれるもんですから、帰りの荷物が想像以上に凄いことに。
入場時にやたら大きいショルダーバッグを配布してたのはそういうことだったのですね。助かりましたけど。
写真に入りきりません。

20180721_204337.jpg


アマゾンの1000円分ギフト券とか嬉しいですね。
この数日間はメルカリやヤフオクが騒がしくなりそう(笑)

今日お仕事休んだ分くらいは十分に元取ったような。
品物だけでなくいろいろな企業と接点が持てたことや、アフィリエイター達の実物に触れることができたことなど・・・

生憎凄く稼ぐ方々は入場が午前中で早々に引き上げたようで、もしくはVIPラウンジなる秘密めいた部屋の中に隠れていたのか、姿形を見ることができませんでしたが、多くのアフィリエイターは老若男女バランス良く来場しており、決して私が怪しく見えるような浮いた存在にならないぐらいに中高年の来場も多かったです。


イベント帰りにランドマークの書店で物色しておりましたら、何やら素敵な歌声が聞こえてきました。
誰かと思ってイベント広場を覗き込んだら・・・

20180721_161209.jpg



島谷ひとみさんでした。 小さすぎてわかんねぇーよ!
「亜麻色の髭のオヤジ」(ぷ)



かなり歩き回ったのですが疲労感はありませんでした。
やはり楽しい目的で動いている時は元気になれますね。
会社のノルマで動かされるより自分の裁量で収入が決まる。

こういう労働収入なら歓迎するんですけどねー。











posted by ガラダマ at 23:25| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

フェスティバルに行ってきます

昼間は地獄、夕方からは快適なマルチワーカーの積荷オヤジです。

いや、それにしてもちょっとこの暑さは老体には過酷ですな。
配達先での一瞬感じる冷房の心地良さといったら・・・

改めて屋内の空調管理された中でのお仕事に憧れてしまいます。
と同時に企業や店舗、職場における冷暖房費って馬鹿にならないだろうなと思ったりもいたします。
会社を立ち上げて人を雇うって、金がかかりますね。



さて、明日は久々に本業・副業全ての仕事をお休みして、みなとみらいでリフレッシュしてきますだ。

rc_yokohama20180719_630.jpg



今や誰もが知るアフィリエイト(成果報酬型広告システム)。
そのジャンルでは最も知名度が高いASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)のイベントがようやく横浜で開催されることに。

このブログとは別のサイトでちょこちょこと実験的なことは始めてますが、やはり成果が出ると感動いたします。
自分が寝ている間にも報酬が発生する仕組みというのは、好きでもない仕事に振り回され労働対価の低い世界に時間も収入も拘束されている人生からオサラバできる、学歴や老若男女関係なく誰にでもできることであり、チャンスも平等なんですけどね。


常日頃お伝えしておりますが、私は肌で感じるものを大切にしておりますので、ネットやメディアの情報で得られることとは別にビジネスとしての可能性とか、実際に月に数百万稼いでいるような方々と接触し参考になる「何か」を吸収することができたらなぁ と淡い期待を抱いております。

60歳以降の働き方(収入手段)の一つとして決して無視するわけにはいかないと思っておりますので、目先の1万2万の労働収入を放棄してでも参加してくる価値はあるのではないかと。
まあ仕事の調整が簡単に出来る今の働き方も好きですが。



今年になってから仕事量を減らしてこのようなイベント・セミナーに参加する生活をしております。
労働収入は昨年より大幅に減りますが、その分、いやそれ以上に不労所得が増えていけばよいだけの話。世の中の働き方が大きく変わっていこうとしている流れの中で、今自分が出来るチャンスをいかにものにしていけるか。
自分が今30代ぐらいだったらホントに面白いんだけど。


明日のイベントは事前申込み制でもう参加入場の受付けは終了しておりますが、このブログ読者の方々の中には行かれる方もいらっしゃるのかな?


では明日、現地でお会いいたしましょう!(笑)









posted by ガラダマ at 23:43| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

チャーター便

ちょっと最近の気象やら火山やら地震やら、世界規模で地球の異変を感じる今日この頃。
この数日間は日本中で高温注意報だと。
体温を上回る気温の中で肉体労働など正気の沙汰ではございません。いくら体力自慢のガテン系の方々や若者の皆様も十分注意してお過ごしくださいませ。

年々おかしくなる気候の中で、夏の東京オリンピックなんて大丈夫なんでしょうか?アスリートだけでなく観客も心配です。



さて、昨日、軽運送業を始めてから初めてチャーター便のお仕事が回ってきました。
鎌倉市内のある現場宛でPM14:30着指定(早すぎても時間を過ぎてもダメ)という案件でした。

運ぶ物は2m50cmほどのパイプ状の鋼管で重量が約60kgと、一見軽自動車に積載するには難しいサイズ。
当初は仕事を請けた運送会社内でやるはずだったのが、現地は軽自動車がやっと通れる道幅しかなく、トラックで現地近くまで行ったとしても徒歩で700mほど坂道ありのコースを長台車で運ぶなんて、当然誰もやりたがりません(笑)

大体納品指定時間が人手不足の会社で請けるにはタイトだ。
委託を含め全員が横浜市内の配送で駆けずり回っている中で、地理に疎い鎌倉まで時間にシビアな難儀な運搬仕事を誰がやるか。
だからチャーターという特別な運賃を頂けるんですけどね。


最初は台数豊富な赤帽さんチームに打診するも、赤帽さんの箱バンではそもそもサイズ的に積載が無理だし1tクラスの車の手配も当日いきなりの打診では用意できなかった。

次に一般的な1BOXの委託チームに打診が回ってきたが、既に皆、当日の配送量が決まっている中で途中抜けての土地勘のない鎌倉へ行ってくるというのが嫌で次々と断られ・・・
運送会社もトラックで出来ない仕事ばかり取ってくる(笑)


実は私は鎌倉・湘南方面は不動産仕事をしていたおかげで結構道も知っているし、当日の自分の仕事もまあ気合入れれば13時ぐらいには片付けられる見込みはついていたので出来そうな素振りを見せていたのですが、請ける条件として元請けを通さない(中間搾取させない)ことを伝えたところ、会社側が慌てて元請けと交渉をして了解を取り付けてきた(笑)

そもそも仕事してない元請けが出てきてやればいいと思うんですけど、面倒なことはやらない彼の性格を知り尽くしてますのでこりゃ私に回ってくるなと思っておりました。


現地のピンポイントの地図だけもらって、レギュラー仕事の荷物と混載し(2m50cm・60kgって1人じゃ乗せるの無理なので荷室に襷がけするみたいに対角に助手席頭上に突き抜けるように手伝ってもらい積載)、レギュラー仕事が13時過ぎまでかかってしまいましたが、裏道抜け道を駆使して14時前には指定地に到着。少々荷降ろし時間まで待たされましたが、作業的には現地の工事作業員が手伝ってくれたので10分ほどで終了〜。


これでチャーター料 15,000円+税也。 全て私の懐へ。
この程度の時間・走行距離であれば、こりゃ美味しいっす。

チャーター仕事しかやらないドライバーさんを知っておりますが、その理由がわかったような気がいたしました。
病み付きになりそうです (^^*)))











posted by ガラダマ at 23:27| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

内勤

暑い日が続きますが、今夏は猛暑になるとも言われております。
しっかりと熱中対策を講じておきたいですね。

私は例年、梅雨明けから準備期間として自宅・車ともエアコンは使用せず、早く体が暑さに慣れるようにしております。
ただ体力・体質には個人差がありますので、各自無理なく実践できる対策を考えてやってみるのがよろしいかと。
何も考えず毎年ダラダラと過ごしていると、50歳過ぎてからの急激な体力の衰えに驚き後悔するかもしれませんよ。



さて、軽運送業のブログとしてスタートしているにもかかわらず、最近は本業が日々平穏平凡に流れていくために違う話題に流れてしまっておりますが、ご容赦くださいませ。
逆にブログが続いているのはそのおかげかもしれませぬ ^^;
「便りがないのは元気な証拠」って言うではありませんか。


本業と違って副業の方はいろいろと刺激がございます。
最近、物流倉庫の仕分け仕事におきまして、変化がありました。

通常は倉庫現場においてトラックで到着した商品を、500台以上あるカゴ台車に仕分けしていく作業をしております。
万歩計で計測すると、昼間の軽運送業とほぼ同じ作業時間なのですが、物流倉庫仕事の方が断然多い歩数をカウントしております。

ただ1年中冷温での作業ですので、動いていない方が寒くて辛いぐらいですし、雨風寒暖の中でのドライバー仕事に比べると肉体的な疲労感はかなり少ないです。
逆に夏場は昼間の疲れをクールダウンできる快適な環境!(笑)


ところが物流仕事も運送業界同様に人手不足が深刻になってきており、現場では外国人の比率が年々高まってきています。
現場の仕分けは単純ですから異国の方々でも何とかなっているものの、更に問題なのは事務仕事の人手不足。

物流倉庫のある場所は生活圏から少々離れた海のそば。
一般的には事務職はOL経験者とか主婦の方々には人気職であり、求人はさほど苦労しないと思われておりますが、何せ通勤が大変な場所ということと、特に夜間仕事は公共交通機関が止まるため応募が極端に少ない。
最近事務職で相次いで退職者が発生し、その穴埋めの求人に応募がなく究極の対策として現場作業員から数名、事務職への配転を命じられ、その1人が私ということに。


まさかの現役ドライバーのデスクワーク(笑)
会社員経験はあるとはいえ広告代理店・不動産・ハウスメーカーと営業畑一筋で生きてきましたので、数時間机の前で座って仕事するなんて・・・新鮮!
まあ過去にも企画書・見積書作成なんて時のために自分の机はありましたが、あまりに久々のことで机に頬ずりしたくなってしまう。

やることは翌朝スーパーに到着させる仕分けした商品の詳細一覧表が次々と数千枚回ってくるので、それをドライバーに渡すために店舗毎にファイル整理していく。
さすがにこれはちょっと外国の方々では作業は難しいかも。
しかし空調管理された中で着席仕事というのは、軽運送業始めてから副業を含めて立ち仕事ばかりしていた老体には快適ですな。

まあ現場の進行状況によっては事務中断して応援に入ることもあるし、倉庫の中でも3つの温度差の仕事に出入りしているので、物流倉庫の中でもマルチワークしている状況ですかな。
野球に例えれば、複数のポジションが出来る選手みたいな。


社員は辞めていくけど求人に応募は無い。バイトの作業負担はどんどん重くなるとか、一体この国の職場はどうなっていくのだろう?
会社が信用できなくなってきた今、自分の身を守るべくは柔軟な発想力と応用力が大事ではなかろうか。

複数の仕事(収入手段)を持ち、最低限の収入を確保しながらとっかえひっかえして理想の働き方に近づけていくというスタイルは、これまではいろいろと誹謗中傷も受けてきましたが、むしろこれからは正解ではないかと思える今日この頃でございます。











posted by ガラダマ at 10:20| Comment(0) | 副業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

スモールビジネスが面白い

梅雨入りしたのにあまり雨降らないなぁと思っていたら、関東甲信地方は統計開始以来最も早い梅雨明けだと。

前にも言いましたが、梅雨入りとか梅雨明けとか、いちいち宣言しなくてもよいのではなかろうか?
梅雨が早く明けたからといって急に景気が良くなるわけでないし、梅雨明けの発表が明るい気分にさせるというなら、梅雨入りなんて気が滅入りそうな発表を控えればよさそうなものだが。

梅雨入り梅雨明けなんぞより、サッカー日本代表が活躍してくれる方がよっぽど景気に好影響を与えると思わずにはいられん。



何だかんだしているうちにもう今年も半分過ぎてしまった。
6月は本業の土曜日の稼動は1日も無し。
もう土曜日は本業は無いもんだという前提で4月ぐらいから働き方・時間の使い方を変えつつあります。

今年は収入を多少犠牲にしていろいろな活動を密かに実行中。
副業も昨年費やした時間の1割以上カットして、フリータイムを捻出し見聞を広めることに充てています。
昨日の午後は歯医者に行った後、お付き合いのある不動産屋で物件(投資向きor店舗)情報収集&打ち合わせ。そしてドトールにて集中して読書。おおよそドライバー仕事している者とは誰も気付くまい(笑)

先月はこんな本を読んでました。

20180629_211643.jpg


私が軽運送業で独立して丸10年近くになりますが、いろいろと知識が錆び付いてきたり不足していたりするのを痛感します。
一応「なんちゃって社長」という経営者でもあり、弱者は収入を得るためのアンテナは軽運送業という狭いジャンルに限らず24時間360度に向けるべく努力はしておきたい。
無勉強なドライバーはどんどん社会から置いていかれる。


そんな中、私の考え・感じたことと妙に合致した書籍がこれ。



そもそも軽運送業で独立すること自体が1人経営の典型的な姿なわけで、ここから各々どう発展させていくかが問われます。
与えられた仕事にぶら下がって会社員の延長のような雇われ依存型となるか、ガンガン開拓して自ら元請けを目指し雇う側となるか、私のような軽運送業に拘らないマルチワーク型となるか・・・
可能性はいろいろとあるのです。


しかし軽運送業(他の業種でもよいが)で独立を考えた時、多くの方が「雇われ依存型」のイメージでこの仕事を考えてしまうのが転職を躊躇する原因ではないのかと。
過去に実際に相談を受けた方々の中でも「稼げなかったらどうしよう」「ブラックな職場だったらどうしよう」「また次の仕事探すの面倒だな」とか、現在の立場・悩みを引きずってネガティブ思考に陥ってしまう人が多かった。
要は経営者脳に切り替えられないタイプが転職を躊躇する。

私はあまり物事を深く考えすぎないので全然躊躇はしませんでしたが、独立当初はおぼろげに元請けを目指そうという考えでした。
ところが実際に何人かの元請けを観察し、いくつかの運送会社や副業先が求人に苦労する姿を見てきた今となっては、とても人を雇う経営はしない方が良いと思うようになりました。
雇用は質・量とも確保は大変だし、経営を圧迫する。


「雇われない生き方、雇わない生き方」という考えをこの本でも取り上げていましたが、これからの時代、背伸びをせず身の丈にあった働き方をすることが望ましいとされる方々が多いと思われる。
もちろん例外・枠に収まらない突出した方もいらっしゃいますが。


もしこれから独立して何かを始めようと考えているのであれば、この本は一つの考え方・参考になりますので読まれてみてはいかがでしょうか。私はとても共感できました。










posted by ガラダマ at 05:22| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする