2019年09月21日

軽運送業の仕事はどこがおススメ?

関東首都圏のアマゾンフレックスの参入祭りが募集締め切りとともに落ち着いたかと思いきや、今度は成果が不十分な者からアカウント停止が始まり、ネット上、特にYouTubeではその検証と愚痴祭りが盛んになっている。

今ではどこの大手企業でも普通に行われているリストラを時間軸をギュッと凝縮してやったようなもの。20年ぐらい在籍した従業員を数千人規模で切り捨てるのをたった数ヶ月で行ったような感じです。外資系企業の厳しさを如実に知ることができたということでしょうか。


長時間労働&時給1,000円の労働対価感覚が根付いてしまった日本人が、その倍の対価と限定的労働時間という見慣れない求人条件に飛び付いたのは、Amazon側の人集め戦略が上手かったということ。人手不足な原因を逆手に取って労働時間短縮と明確な報酬形態を打ち出し、中抜き構造が蔓延している運送業にはこれまでにない荷主とドライバーの直接取引という契約スタイル。求人で苦労している会社はこれぐらい刺激的にやらないと人は動かない。

短期間に一気にドライバーを集めることに成功したAmazonですが、ここからドライバーのふるい分けが始まる。そもそも登録してきた者はフリーターや副業感覚といったアマチュアレベルだけではない。現役の軽ドライバーやトラックドライバーというプロフェッショナルも数多く参戦してきているわけだから分が悪いのは当然。

「こんなに一生懸命やってるのにアカウント停止はひどい〜」とYouTubeには嘆きの動画が多数アップされているが、そもそもの現役ドライバーの配達スキルが高いわけだから採用する側の目には能力の差は歴然と映っている。かなりの待遇で期待しているわけだから待遇レベルに足りていない者から切っていくのはAmazonに限らず、リストラを絶えず行っている大企業の姿勢としては間違ってはいない。しかし労働人口がどんどん減っていく中でこんなことがいつまで続けていけるのだろう?


日本の運送ベスト3も迷走している部分はある。
ヤマト運輸の最近の働き方改革は、従業員全体に良い方向に進んでいると外部の人間の目には好意的に受け止められがちですが、実際は悪影響もところどころに発生している。

社員ドライバーの負担を軽減させようとAC(アンカーキャスト)という午後から勤務の契約社員を大量に募集しているが、一方で業務委託ドライバーやYSS(ヤマトスタッフサプライ)のドライバー切りが露骨に行われているという。

YSSとは、ヤマトホールディングスの子会社であるヤマト・スタッフ・サプライが募集元となっている軽運送業のフランチャイズ契約です。他のフランチャイズ同様に加盟金を支払い仕事を紹介してもらい月々のロイヤリティ(ブランド使用料)を支払うという内容ですが、ヤマトという安心感と豊富な仕事量からFCとしては悪くないイメージでしたが、ヤマトホールディングスとしての荷物受入れ量減少とアンカーキャスト導入による社員ドライバーの配達可能量回復により、YSSの存在意義が薄くなってきたという。企業の利益第一主義により効率の悪い部門から整理されていくのはAmazonと同じ。

FCの加盟料に20万円以上を支払い月々のロイヤリティも1万5千円ほど払っているのに見合った仕事は紹介されず・・・といった状況が続く。雇用契約ではないのでそのままでは月会費だけ払って飼い殺しみたいになるため、自主的解約に追い込まれる。ネット上でよく見る軽運送業の詐欺商法と何ら変わらない。

一方で一時的には労働時間が短縮された社員ドライバーも、想定ほど進まないACの募集とYSSや委託に回っていた仕事量が降りかかってくるため再びブラック労働環境になるのではと現場は戦々恐々としているらしい。ACは所詮ACでしかない。結局は運送会社としての基本に戻るということか。


佐川は相変わらずドライバーの仕事量は半端ない。しかも稼げたと言われる過去に比べると確かに仕事のキツさは和らいでいるかもしれないが収入的には労働内容に見合っているのかどうか。
ヤマトより外部委託を使っているイメージがあるが、直接の求人も目に付くようになってきた。ヤマトとは正反対の動きをしているようで面白いのだが、佐川は佐川の仕事のイメージが強すぎて、人手不足解消には収入よりもっと別の壁が立ち塞がっているように思えてならない。一生をロボットのように無感情で過ごす自信のある人はお金は貯まると思うし一番安定している仕事かもしれません。


日本郵便は企業体質が全てを物語っている。別部署ですが最近の一連の売上至上主義に基づくトラブル続出は見れば、この企業で働こうという意欲を持てないのは当然だし、上に物言えない企業体質は日本郵便に限ったことではないがドライバーの労働時間・収入にも特徴を感じないし、あまり未来を描けない働き方になりそう。


Amazonの配達から佐川が降りヤマトもギブアップした後に出て来たデリバリープロバイダーに一時は注目しておりました。配達単価が200円以上というのも一般的な宅配に比べると2〜3割高く、働き方によっては面白いかなとも思ったのですが、直接デリバリープロバイダーの会社の担当と話をする中で、労働時間や配送達個数にノルマ的なものがあると聞かされ自分の求めているものとは違うと感じた次第です。

デリバリープロバイダーの無理やり数合わせしたような素人集団的な配送レベルにクレームが続出し、ネット上はずっと炎上しています。佐川やヤマトが手に負えない相手なのですから中堅クラスの運送会社がまともな対応ができるわけがない。結局は配達に関するクレームの矛先がAmazonに向かうことになり、業を煮やした結果、アマゾンフレックスという自社完結型の配送システムが急遽台頭してきたという流れです。


ドライバーの争奪戦みたいな人手不足の状況は、本来であればフリーのドライバーにはとっても美味しいはずなのですが、肝心の好条件の仕事が少ないことがドライバーの最大の悩みどころ。稼ごうと思うと長時間労働、好待遇と思えば毎日アカウント停止を気にしなければならない。
私が軽運送業を本業扱いしない、両足を突っ込まない理由というのが、今回述べて来たことに集約されています。

これは私が実際に軽運送業の世界に10年以上身を置き、時代の流れとともに感じてきたことであり、今の自分にベストと思う働き方を考え実践するために貴重な「生きた資料」にもなっている。
時代の流れを読まずにちょっと条件が良さそうというだけで仕事を選ぶと失敗します。特に収入を最重点にすると後悔する。

自分にとって長く無理なく働くことをベースに、そこから収入を増やすことを考えていけば良いと思います。初めに収入有りきで仕事を選ぶとまず身動きが出来なくなる。収入と労働に縛られ結局は自分の可能性を失うことになるし、その仕事・条件が永遠に続くわけではないと思うべし。

自分が常に変われるスキル・環境を作っておいた方がこれからの時代を生き延びて行ける。
あくまでも個人的な感想ですが何かの参考になれば幸いです。


posted by ガラダマ at 09:42| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

台風15号の裏側で何が起きていたか

日曜深夜から未明にかけて関東首都圏を襲った台風15号。
あの強い勢力で上陸してくることが珍しいため、災害に弱い首都圏も想定外な被害を被った場所もあります。
特に千葉県ではいまだに停電や水道が復旧していない地域もあり、改めて大自然の怖さを思い知らされました。

台風による被害ということでは日本の運送・物流の世界も大打撃を受けることが知られています。
直接の地域的被害だけでなく思わぬ広範囲に影響が及びます。

物流という言葉でわかるように全国津々浦々常に物は流れており、そのおかげで私達は普通に暮らすことができるのですが、その物流が寸断される事態が起きるとあちこちでパニックが生じることがある。

まず道路事情。日本の物流のほとんどが陸路・トラックに頼っているのが現状です。自然災害は起伏の多い日本列島のところどころでがけ崩れや樹木倒壊、冠水等で道路を寸断することがあります。道路が寸断すれば復旧作業もままならなくなるし、当然その先に荷物を運ぶことが困難になる。


一番影響を受けるのは食品関係でしょうか。
特に夏場では日持ちしない食品や鮮度が売りの水産・野菜・果物類は大量廃棄処分となることも。

今回の台風15号は首都圏では深夜から未明にかけてがピークとなったわけですが、私は複業先の倉庫仕事をしておりましてトラックの到着状況を観察しておりました。
台風の勢力は強かったのですが、暴風雨そのものは比較的短時間に集中したため日付が変わる頃までは結構平常通りにトラックは到着しておりました。

予想通り当夜のアルバイト、特に公共交通機関を使って通ってくる者達のシフトキャンセルが何人かあったため、早く帰りたかったのに多少残業して恩を売っときました。トラックだけではなくこうした倉庫作業をする者にも大きな影響が出ますので、荷降ろしや積込みがいつもより時間がかかることも当然なのですが、この日はその遅れが県内のスーパーに早朝到着する便の欠航に繋がりました。

さすがにスーパーに向かう便の作業時間と台風のピークが重なる状況でしたので、トラックの安全を最優先にその深夜は最初に出発できた数便を除いて作業を中止。私もさすがに危険なので日付が変わる頃には仕事を残して帰りました。その帰り道、先日ちょこっとお伝えしたあわや冠水に突入か!という場所で今度はまださほど水も溜まっていなかったので冷静に観察しながら通過してみましたが、確かに路肩の方がだいぶえぐれていて集中豪雨時に車高の低い車だとエンジンに水がかかる可能性がある。ヤバいヤバい!

ホントにどこで災難に遭うかわかったもんじゃない。車に乗っていれば安心とか過信せず、こんな日は外出しないのが一番です。


台風が去った月曜の午前中にスーパーに買い物に行った方は気付いたかも知れませんが、いつもより品揃えが少ないと感じたのではないでしょうか?それは明らかに朝到着便が欠航したからです。私の家の近所のスーパーもそうでした。
さすがにあの暴風雨の中を運転するのは危険だし、大体トラックのハッチを開けること自体が自殺行為のようなもの。いや、運転席への乗り降りすら困難です。

風の強い日に車のドアを開けた瞬間にバーンと持っていかれた経験はありませんか?屋外駐車場のトラブルで多いのが隣車にドアをぶつけてしまうというもの。台風時はそんな生易しいレベルではありません。下手すればドアがひん曲がります。手首を骨折するかもしれません。瞬間最大風速50mだと時速180kmの ”何か” が車にぶつかってくるようなもの。トラックでさえ横転させる威力がある天候の中では仕事もクソもないです。変な正義感にとらわれずに自分の身を守ることを最優先に行動しましょう。




自分の車で仕事している委託の軽ドライバー。
台風や大雪の中でも請負先に忠誠を誓い会社員のように働くのも結構ですが、悪天候の中で車や自分にトラブルがあっても請負先は何もしてくれません。車の故障やケガをして収入を大きく超える出費を被ることもあります。数万円稼ぐのに数十万円かかってしまっては「一体何のために頑張ったんだろう?」となってしまいます。


会社員と違ってある程度の行動の判断と実行は自分次第。
目の前の収入を放棄することで安全を得ることはできる。
「安全はタダではない」ということを自覚してリスクとリターンを考え経営者として行動すべし。誰かに時間と行動を操られることを望まない働き方を選択したわけですから、その初心を忘れずにやっていきましょう!






posted by ガラダマ at 06:34| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月08日

週末の台風って多くないですか?

今夜は台風が強い勢力を保ったまま関東圏を直撃すると。
何か台風は週末に来るイメージが強いんですけど・・・

週末にお出かけの予定がある人には災難ですけど、だからと言って平日に台風に来られるのはもっと嫌。
しばらくは台風シーズン。被害のないことを祈るだけです。

今朝の横浜は穏やかに晴れており、12時間後にはとんでもないことになっているとはとても想像できません。
現在の予想進路図を見ると横浜の真上を通過するような感じ。
これは今から多少進路がそれても厳しい天候になりますな。


さすがにこんな日はファミレスの「雨の日クーポン」も来ない。
雨天(予想)時に客寄せするためのお得なクーポンが配信されるので私もよく利用していますが、こんな日に客寄せするのは店員にとっては大迷惑ですな。店員の通勤の足も確保しなければならないし、万が一暴風雨の時間が閉店時間と重なり客がいたら閉店して追い出すのも大変ですよね。もう炎上ネタ間違いなしです。
「○○の●●店から暴風時に締め出されました。こんな雨風の中、移動手段も無い人間にいったいどうしろと言うのでしょう?鬼畜の業としか思えません」とか。
鬼畜なのはどちらでしょうか?(笑)


一応今夜は夕方から倉庫仕事に行く予定です。帰宅は日付が変わる頃になるので暴風雨がピークの時かも知れません。瞬間最大風速が60mとか大型トラックでも横転するとか報道内容も煽ってきますが、果たして作業員が倉庫に行けるのか?という問題に加えて、荷物を運んでくるトラックが到着できるのか?という問題もある。

悪天候時の過去の例では、トラックの到着遅れや未着が生じて作業員は倉庫で待ちぼうけをくらうケースが多々起きている。何もしてなくても時給は発生するので会社側としては痛し痒しでしょうね。何も予定の無い送迎バス通勤のフリーターさん達は深夜で帰る手段も無く、朝まで時給が加算されていくので休憩ホーダイで得した気分になるかも知れませんが、普通に明日朝の仕事を持っているダブルワークの方々は、最終バスや電車が止まってしまうと大変なことになる。下手すれば本業で明日の午前中半休とか使って今夜のバイト代がふっ飛んだりしたら、それこそ「骨折り損のくたびれ儲け」っていうヤツになってしまいます。


いつもの台風と違ってコンパクトなため、上陸当日の数時間前でも緊迫感がありません。
でもこういう時こそ注意しなければいけませんね。
まさに「油断大敵、火が亡々(ぼうぼう)」です。

あっ、エステなんかで「油断大敵、毛がぼうぼう」なんて広告があっても意味は全然違いますからね!(笑)
この手のコピーはいくらでも思い付きます ^^;元広告マン
キャッチコピーのご依頼は是非お任せ下さい!<広告>


今の時点で暴風雨になっていれば今日行けません!って早めの対応もできるのですけど、今日の天候のパターンはドタキャンだらけで現場は大混乱になるだろうなぁ。もしトラックが普通に次々と到着してしまったら、倉庫側で仕分けする人間が足りないのが目に見えているので更に行かなくなるヤツが増えそうだ。

こういう時に在宅でできる仕事を持っていると強いですね。
わざわざ苦労して通勤しなくても家で収入を発生することができるというのは本当にイイ!台風だろうが電車が止まろうが関係なくできる仕事・収入手段は絶対に持っておくべきです。


今週また新しいwebライターのクライアントを増やすことができましたので、こんな日はそちらの仕事をやってればいいか。
今日は倉庫仕事はお休みにしようかな〜(#^.^#)←鬼畜

台風の中を軽の1BOXで走るのはマジ怖いです。






posted by ガラダマ at 11:33| Comment(0) | 複業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月07日

Amazonで買いまくり

先月末から数日間行われていた恒例のAmazonのタイムセールでいろいろと散財してきました。
貯まっていたdポイントの消費期限が8月末に迫っていたため(10000ポイントぐらいあった)、何かに使わなきゃ!という強迫観念のもと、ギリギリまで悩んで一気に使っちゃいました。貰ったAmazonギフトカードも数千円分あったし。


8月は生活環境をだいぶ変えました。
根底にあったのは自分なりの働き方改革を推進していくための環境をどうするかということ。

これまでブログでも何度もお伝えしてきましたように、60歳以降の働き方という大命題を自分に課しておりまして、ネット系・クラウドソーシング系に重心を移していこうと企んでおります。
そこでまずは通信環境の整備としてドコモの大容量プランに変更し、いつでもどこでも、Wi-Fi以外の環境でも仕事ができる状況を構築している段階です。




まあドコモやそのプランにいろいろ言いたくてウズウズしている人もいらっしゃるでしょうけれど、現在ドコモでは最高峰のプラチナステージになってしまっているのでポイントもすぐ貯まるしいろいろな特典が利用できるので、特に使い辛いとかはない。もし自分が下のステージだったらまた違った考え方や他社のプランを検討したかもしれませんけどね。
年金と同じで既得権益を得る立場になると攻撃せずに仲間意識が芽生えてしまう(笑)


で、せっかく増えた容量を活かすべく iPad Pro 11 (Wi-Fi & セルラー)を買ってみました。
長い人生の中で初めての”アップル” ( ´艸`)

LTE対応のノートパソコンも考えていたのですが、まだまだ機種も少なく値段も高い。
であればとりあえずは今の自分のレベルでは「ライター」仕事が中心になりますからモバイルで作業するのも当分はタブレットで十分。タブレットだってこんないいやつ買うこともないのですが、あまりにもこの商品の評判が良いので自分への過剰な先行投資です ^^;

つーか娘がこれ狙ってまして「ゼミのレポート制作や就活に便利そうだなぁ〜」「これあれば頑張れそうだなぁ〜」と親の細いスネをかじりに来る。大体こういう甘えた奴はニンジンを与えても結果に繋がらないのが目に見えている(笑)
とは言ってもどう考えても20歳そこそこの若者と初めてアップルを使うような還暦目前の爺さんと、どちらが有効に iPad Pro を活用できるかは一目瞭然!というか一目するまでもない。


う〜ん、ルンルン気分でdポイントでキーボードやタッチペン、コードレスイヤホン等、周辺機器を買っちゃったところまでは良かった。新たなライバル出現にもマイペースで後ろめたく”アップル”を使うのは大人げないのか?


子供の成長か、オヤジの成長か、
我が家の未来は誰に輝くのだろうか?






posted by ガラダマ at 00:15| Comment(0) | こんなものを買ってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

軽運送業12年目になりましたが何か?

軽運送業として開業から12年目を迎えました。
12年というと干支が一回りする年月ですよ。私が開業した時に生まれた子供が今では小学6年生に!
そう考えると感慨もひとしおです。

開業当時、巷では評判のよろしくなかった軽運送業で続けていけるわけがないと思っていた周囲の方々は、今の私を見て驚いているのか呆れているのか?
別に軽運送業に限ったことではありませんけど、例えば転職したとして12年後の自分の姿を想像できますか?

今の会社で働き続けて12年後というのは何となく想像つきますよね。今の上司の姿がほぼ自分の未来像。
それが励みになるとは到底思えませんが(笑)
それでもその会社で働き続けようと思うのは、その職場・仕事・仲間が合っているのか、それとも他に選択肢がないという消極的理由からなのか?


軽運送業を選択するというのは開業のハードルが低く、仕事も難しくないし手っ取り早く収入にありつける手段として昔から中高年の受け皿的な感じが強くありました。若者で転職してくる者もほとんどいないし、流れてくる者は昔も今も30代半ばぐらいからの中高年が大多数を占めている。正社員の転職の道がほぼ閉ざされる年代というのが日本の現状を如実に反映している。

しかし昔は何となく評判の悪い後ろめたいような職業だった時代を経て、今ではYouTubeの世界では数多くの軽ドライバーさんが堂々とその生活スタイルや収入を発信・公開しており、だいぶ軽運送業のイメージが変わってきましたね。

その一つの例がアマゾンフレックス。 


この仕事には多くの若者を中心に応募が殺到してアッと言う間に首都圏の求人は締め切られた。ドライバー職の求人なんてトラックも軽も応募がないので年中募集してますけど、短期間に数千人の応募があるドライバー職というのは過去に例がないのではないか?しかも一般的な求人広告が出ていたわけではないので、噂やイメージに踊らされている人気薄の仕事も待遇次第で大化けするということ。

長時間・重労働・低賃金がイメージとして定着している運送の世界ですけど、アマゾンフレックスは働く日・労働時間を自由に選べ、残業もなく時給2,000円が賃金ベースということで、確かに金太郎飴のように何をやるにも拘束され時給1,000円みたいな働き方のアルバイト生活しているフリーターにとっては新鮮であり魅力的です。

いや、感化されたのはフリーターだけではない。現役のドライバー職の人間こそアマゾンの求人内容がどれだけ条件が良いのかがわかってしまう。だからかなりの数の現役ドライバー(軽もトラックも)がアマゾンに流れたため、ただでさえ人手不足で苦労している運送会社は相当な危機感を抱いているという。

危機感も何もキチンとした労務管理もできず安い賃金で働かせていれば、目の前に凄いニンジンがぶら下がった求人が来たら皆そちらに逃げますって。日本の運送会社は長い間ドライバーの足元みて低賃金でこき使って何とか会社を存続させてましたけど、これからはそんなビジネスモデルの会社は淘汰されていきます。

もうアマゾンだけでなく大手家電量販店や楽天市場もドライバーを直接囲い出しています。運送会社に運賃払って運んで貰うこれまでの一般的な流通のあり方が、荷主が自社で配送までを完結してしまうことで一元管理を可能にし運送費を圧縮できるというシステムを創りだしてきた。これからは運送会社や元請けといった中間搾取して食っていた業者は多難の時代を迎える。

私達フリーのドライバーもこれまでのように中間搾取される求人広告を見て仕事を選ぶ時代ではなく、勝ち馬に乗る働き方を見つけていかなければなりません。荷主と直契約して時給換算で2,000円3,000円レベルの働き方をするか、これまでのように運送会社や元請けに中間搾取され1個150円程度の仕事で良しとするか。




中間搾取されても売上げの数字を作ることは可能です。決して稼げないということではないのですが、問題は稼ぐ金額が同じでも労働対価・労働時間に大きな差が出てしまうことを見逃してはいけない。
例えば1日20,000円稼ぐとすると荷主直で時給換算2,000円以上の仕事なら単純に10時間以下で達成できる。一方中間搾取され1個150円の配達単価だと不在率が一般的な20%と想定すると1日実質170個の配達をしてようやく達成できる。170個の配達というのは一回で積み切れる数ではないので途中で最低1回は積み直しに戻る手間(これを1時間と仮定)を考慮すると、ベテランでなければおそらく終了するのに12〜13時間は要すると思われる。これは4分に1個のペースで配達して1回積み直し。休憩無しの場合です。配達ペースがもっと遅くなれば当然労働時間も延びていきます。

単純に20,000円得るために荷主直なら10時間労働・時給換算2,000円という働き方。中間搾取されると12.5時間労働で済めば時給換算で1,600円という感じ。あと重要なのは時間だけでなく走行距離。これは仕事の内容如何で経費に影響が出るので稼げるけど経費が多いみたいな隠れデメリットが発生する。経費も含めて手元に残るお金がどうなるかも考えておかないと見た目の売上額で損得は語れない。


これはあくまでも机上の論理ですから、特に配達個数というのは経験とともに変わっていくしエリアでも有利不利が出る。同じマンションで一気に数を捌けることもあればエレベーターがない集合住宅や不在票の投函で時間を取られることもある。天候など日によって運不運もあるのであくまでも参考レベルにしてもらえれば。


開業してから丸11年の間に運送の世界もどんどん変わっている。
これからITと自動運転が実用化されていくと更に変わっていく。
今検討している材料はあくまでも現時点のものであり将来を約束するものではないので、楽観・悲観せず常に情報を凝視し分析することが大事だと思います。

時代や目の前の仕事に振り回されず、「自分はどうありたいのか?」を意識していれば自ずとやる事は決まってくる。
自分の「軸」がブレないよう頑張って行きましょう!





posted by ガラダマ at 12:58| Comment(2) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする