2019年03月17日

人手が足りなくて副業できない?

いよいよ引っ越しシーズンも佳境に入ってきました。

私が本業でお世話になっている運送会社では、毎年この時期になると提携している引っ越し会社から応援依頼があり、会社の副業としてトラックドライバーを休日返上(後日代休は与えている)させて引っ越し仕事を手伝っている。

今年も、いやヤバい今年だからこそ早々に応援依頼があったようだが、ナント、ほとんど断りをいれているそうな。
例年ですとホーム上に社員の引っ越し応援シフト表が張り出されているのだが、そういえば今年は見かけない。

社員ドライバーさん達からいろいろ情報を仕入れているが、どうやら運送会社自体が人手不足で他社を手伝うどころではないらしい。
経費節減で土曜日を委託を外し社員だけで回すようにしたため、応援に出す余剰人員が確保できないと。副業やるためにアウトソーシングで委託を頼むとか、経費が副業利益を上回るのだから愚の骨頂もいいところ。ようやくそこに気が付いたわけだ(笑)

商談アポのセッティングだけで高収入!副業するなら「Saleshub」


ホントに心配なのは引っ越し会社です。
毎年協力してくれて当てにしていた運送会社がまさかのお断り。他の同業者や運送会社も人を募集してもアルバイトの確保もままならない状況で、とても他社を応援できる状況にない。

四面楚歌とはまさにこんな状況のことか。
すっかりブラック業種のイメージが定着してしまった運送業&引っ越し業。仕事が目の前にぶらさがっているのに、ともに人員が確保できずに仕事を請けれないという緊急事態。
最終手段は引っ越しする本人・家族を臨時に雇用してセルフでやってもらうとか(笑)
もう何が何だかわかりませんな ^^;


会社・業務を継続するために人件費がかなりの負担となってきているのがわかりますね。
コンビニのFCオーナーさんたちの苦労の一つがそこにある。
コンビニの仕事もやる事覚える事が多すぎてブラック仕事として見られるようになってきた昨今、他の仕事より相当の報酬をチラつかせないと人を集めるのが困難。しかしそれでは利益を確保するのも困難。
労働力が確保できないという根本的な問題を抱えているのに、利益も出せずに無理してコンビニFCや運送・引っ越し業を続ける意味はあるのだろうか?

辞めるも地獄、続けるも地獄。転職できずに飼い殺しにされている会社員も同じような状況。

日本は「働く」ってこんなに魅力のない国でしたっけ?


やることは商談アポのセッティングだけ。ビジネスマンの新しい副業【Saleshub(セールスハブ)】






posted by ガラダマ at 05:09| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

変化を受け入れる働き方

今週は雨上がりから急速に天気が回復し気温も高く風も強い日が続きました。
まさに花粉症日和と言えるような悪条件が重なり、苦しんだ人が多かったようですが・・・

花粉症の症状が心配されていた積荷オヤジさんですが、何故か今週は症状が治まっています。
この悪条件の日々に症状が出ないということは、花粉症ではないのでしょうか?
もしかしたら全然別のアレルギーなのか?


まあ運転仕事をする上では健康でいられることは何より。
そして確定申告を終えて精神的にリラックスできていることが、天気の良さと相まって気持ちが良い。

開業からずっと右肩上がりを続けていた収入は一昨年昨年と下がっています。ただこれは時間の使い方・働き方をシニア向けに方向転換している最中であり、想定内の結果です。もう売上げ有りきのような働き方はせず、内容を重視し無理なく続けていけるもので構成し直しています。


もちろん30代40代の方々とは考え方もやり方も違っていますし今は参考にはならないと思いますが、50代も後半になり体力の衰えを強烈に自覚するようになれば、今私がやろうとしている方向性がご理解いただけると思います。もし皆様がその時になって覚えていていただければ「あぁ積荷オヤジはこんなことやっていたなぁ」とようやく参考になる部分が出てくるかも知れません。

今現在、私と同じような年齢や体力の衰えを感じていて、軽ドライバーを続けていくことに不安が芽生えているのなら、体力的に楽な副業を見つけてドライバー仕事を減らしても経済的にやっていける状態を作っておけば良いと思います。自分にウソついて無理してドライバー仕事を続けいきなりダウンしてしまうより、ソフトランディング(軟着陸)する事を意識しておけば、逆に長く働いていくことが可能になる。


思えば軽運送業で独立してからは、リスクヘッジについて随分と敏感になったと思います。
とにかく全てが自己責任な世界ですから、常に先読み先回りして手を打っていかないと。年金受給もずっと先延ばしになってしまう社会を生き抜くには、細くても長く続けられる収入手段を持つのが必須になる。複数あればなお良い。


そのためにも体のケアと頭の柔軟さは大切。
まだまだ人生、先は長いですよ!


====================================================================
  ファイナンシャルアカデミー 『定年後設計スクール』

私たちの多くが不安を持つ定年後の生活。

「自分や親の医療や介護にかかるお金が心配」
「定年後も生きがいを持って仕事や趣味に取り組みたい」
「年金・保険・税金・資産運用などの、正しい知識を身につけたい」

「長生き」をリスクにしないで、豊かに生きがいを持って暮らす時間にしてほしい──これまで延べ43万人にお金を人生の味方につける方法を伝えてきたファイナンシャルアカデミーが、こんな想いで開講したのが、この『50代のための定年後設計スクール』です。

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZVRSP+2SMA0I+1IRY+2T8BZN
====================================================================




posted by ガラダマ at 07:16| Comment(2) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

収入に不満を言う働き方

昨日は久しぶりに気持ちの良い快晴。しかも稼げてフリーに過ごせる金曜日、朝からテンション上がります。


しか〜し、しっかり睡眠取れていたにもかかわらず、朝起きたら目が充血・ショボショボしてます。
昨年からこの時期に同様の症状を感じておりましたので、いよいよ私も花粉症なのでしょうか?

今のところ鼻は大丈夫。目だけに怪しい症状が出ています。
運転中も目のショボショボが気になります。ここで目を擦ろうものなら一気に痒みが出て更に目を掻く悪循環になるので、我慢我慢。
目薬も頻繁に使用して何とか乗り切っています。


いつものように14時頃には本業・副業の運送仕事を終了し2万円以上を稼ぎ、今日は期限の迫ったクーポンがあったのでファミレスではなくまったりと焼肉店に行ってきました。このフットワークの軽さが軽運送業の一つの魅力です。さすがに焼肉店に一人で来ている客は少ない、というか私だけでしたが^^;

昼飯時を外したお店はどこも空いていてくつろげるので、読書・勉強には最適な環境です。もちろんドリンクバーのある店を選んで行きます。こうしたゆるい時間があるおかげで週7日働いていても続けていける。
まあ週7日労働・マルチワークと言ってもハードな働き方をしていないし、何より納得した収入が作れているというのが精神衛生上大変よろしい。ここが会社員時代と大きく違う。


自分の収入に不満を言う働き方って凄く嫌じゃないですか。
それは他人が評価する仕組みの中で働いているのだから仕方がない。嫌なら自立すれば良いのにそれをしないで組織にしがみついている自分自身を責めるべき。社員=安定と思っている限りは、められた歯車として使われることを受け入れなければ。


独立すれば労働時間も収入も全てが自己責任。日本人は悪い方悪い方へ考えがちですが、実際は収入は青天井だしどう働こうが何時間働こうが自由というメリットの部分にもっとスポットを当てて考えてみた方が良いと思う。それが出来ない人が多いのが「働き方改革」が思うように進んで行かない大きな原因。他者に支配されている働き方が蔓延している日本社会を治療していくのはなかなか難しい。




posted by ガラダマ at 06:11| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

どれが効く?

いよいよ花粉症の季節となりましたが、今年は花粉は多く飛ぶ年なのでしょうか?

私はこれまで花粉症の気配は全くなかったのですが、去年、今頃の季節に鼻がムズムズ目がかゆくなり「いよいよ発症か?」と心配いたしました。不安で迎えた今年ですが、今のところそれらしい症状は出ておりません。しかしまだまだ油断出来ませんね。


運転職の人には花粉症は辛いでしょうね。特にバスの運転手さん。
バスは頻繁にドアの開閉をするし、不特定多数の人が乗り降りしますので車内に花粉が持ち込まれる可能性が非常に高い。マイクも装着してますので鼻水の音とか拾っちゃってその音を聞いてるだけでお客さんも苦しくなってくる^^;

それを考えると、まだ軽運送ドライバーはマシですね。完全個室ですから鼻水垂らしながら運転していても平気(笑)
ただそれに慣れてしまうと、感覚がマヒして鼻水垂れたまま配達先に行ってしまうから要注意です。

最近は良く効く薬やマスク等の対策グッズが充実してますし、予防法なども広く紹介されてますので以前よりはだいぶ症状は改善されてきている感じがいたしますが、ウィルスというのは進化しますのでそのうち今の薬やグッズが効果が無くなってしまうかも知れないのが怖いですね。


私も一応この年齢にしては健康の部類なのでしょうが、やはり免疫力は落ちてきている感じはします。
トイレは近くなったしここ2〜3年で抜け毛と白髪が一気に進行してきました。20〜30代の頃は逆に毛量は人より多いくらいで毛質も固めだったのに、すっかり変わってしまいました。何もケアしてこなかったのが悔やまれますが、できることがあればやってみようと、お試し無料体験とか初回購入に限り90%OFFみたいな格安で入手できるサプリを収集しまくり人体実験をしております。

20190302_013823.jpg


漢方とサプリはどちらが効果があるか?
東洋VS西洋の対決はどちらに軍配が?

私の個人的な感想では漢方の方が日本人の体質に合っているような気がいたします。
ただ薬と違ってどちらも長期的服用で効果が期待できるものですが、とにかく値段が高いっす。
効果が現れるまでに家計が耐えられませーん(≧◇≦)
なので結局どれが本当に効くのかよくわからん!

でもハッキリ言えることがあるとしたら・・・





体調を良くするには、キチンと睡眠をとることが一番!

しっかり寝た後の目覚めほど快適なものはない。どんなサプリの効果も睡眠にはかなわない。

夜更かししながらサプリ試していてもアカンって。









posted by ガラダマ at 04:36| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月02日

運動能力とドライバー仕事の関係性

寒さもようやく峠を越したのでしょうか、寒がりの私ですが日中はだいぶ楽になってきました。


軽運送業を始めてからかれこれ10年以上経ちましたが、53歳頃から寄る年波には勝てないなぁと意識しだしました。
体重・体形にはさほど変化はありませんが、足の筋肉についてはかなりか細くなってきた感があります。

10年前と仕事中に明らかに感じるのが荷物を持っての階段の辛さ。足の筋肉が衰えてくれば当然上り下りという段差の運動に影響が出てくるわけで、筋肉とともに体幹も弱ればバランスの取り方も悪くなり余計に体に負担がかかる。

なるべくそうならないようにとジムのインストラクターという仕事に就いて、トレーニングマシンを無料で使わせてもらえる特典を享受しながらお金も貰えるという環境を手に入れています。自身がトレーニングできるだけでなく、そこの経験豊富なスタッフ達やそこでトレーニングしている常連の方々から、体のケアについてもいろいろ知識を仕入れる事ができ、肉体労働をしている者にとっては最高の副業だと思っています。

その仕事を始めてからは、それまで毎年のように悩まされていたギックリ腰・腰痛が無くなりましたし、加齢に付き物の関節痛や筋肉痛も症状に合ったストレッチをすることで早期回復することが出来ています。もしインストラクターを経験していなければ、辛い思いを重ねていたかも知れませんね。


ドライバー職に腰痛持ちが多いのは、重い物を持ち上げたり運んだりという直接的な原因もそうですが、運転姿勢にも大きな問題があります。運転することは避けれない仕事ですから立派な職業病と言えますね。
また、長年同じような体への負担を続けるわけですから勤続疲労の一つでもあります。キチンとケアしていても加齢とともに体は傷んでくるわけですから、いかにその傷み方を抑えていけるかが長持ちさせる秘訣と言えるでしょう。


見るからに体格が立派で腕力がある人でも腰痛を発症する。逆に見た目が細く頼り無さそうな人でも日々元気に仕事していたりする。
一見不思議な現象ですけど、体力・腕力に自信があったりするとそこに頼る。体幹を無視したような強引な力の入れ方をすることによって、実は見た目と違って鍛えられていないインナーマッスルとのギャップに体が悲鳴をあげてしまう。




一方、腕力に自信の無い人には厳しい状況ですけど逆に腕力に頼れない分、体幹を駆使して全身のバランスで何とかしようとするので体への負担が分散され突然の発症を防いでいると考えることもできる。もちろん能力を超えた重さは体幹も何もあったものじゃない。そんな時は無理せず応援を頼みましょう。

「物事を慎重に運ぶ」という表現は日常でも使ったりしますけど、あぁこういうことなんだな!と妙に納得したりしませんか?(笑)
自分を過信せず焦らず取り組めばケガが少なくて済む。「急いては事を仕損じる」という諺と同義です。

ドライバーという職業は特に運動神経を求められるわけではありません。また、腕力・体力が無ければ出来ないということでもありません。もちろん腕力・体力は有った方が良いですが、それはドライバー職に限らずどの仕事にも言えること。自分の潜在的な能力・魅力は何か?筋骨隆々のイメージがある運送業ですが、機転・知力等で補える部分も多々あります。


トレーニングの世界もそうですが、まずは自分のレベルを知る事。
そこから何を目指すのか、どうなりたいのかを整理した上でやるべき事を決めていく。そこが整理できていないのに状況と合っていない事をやってしまうと間違った方向へ導かれてしまいます。転職も似たようなものですね。

加齢とともに健康・体力も変化していきます。昔の自分をイメージしたままでは先へ進めなくなる。
今の自分を素直に受け入れるためにも、定期的な体力測定や健康診断は欠かさずやって頂きたいと思っています。


DNA EXERCISE

潜在運動能力を発揮する為に。

エクササイズ遺伝子分析キット!








posted by ガラダマ at 09:54| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする